FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

静岡くらいまでは行けたのかな

急に思い立って、室戸へ。目的地は「室戸廃校水族館」
話題先行、というか、新聞を見て行きたくなったミーハー派。

時間はたいして変わらんだろうけど、徳島までフェリーを使えば走る距離が少なくて済む。フェリーの株主優待券を知り合いからもらったのも行きたくなった一因。徳島から室戸までは120kmくらいかなあ。延々と一本道を走っている感じ。けっこう遠かった。

水族館は、まあ、楽しいけど規模そのものは小さい。あっという間に見終わってしまった。コロナがらみで一方通行で歩けとか、他の人と間隔をあけてとか、いろいろ制約があって気を遣う。

せっかくここまで来たので、台風のたびに報動される「室戸岬」に寄ってみた。まあ、普通の荒海でした。

帰りもフェリーを使うかどうか迷いながら走ったけど、時間が合わずに結局、淡路島経由で帰りました、とさ。
  1. 2020/03/30(月) 22:10:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

自粛じゃないけど

朝から遠方へ遊びに行こうと思っていたら、妻との予定が合わず、一日停滞。
期せずして、行動を自粛。
アドベンで賞味期限が迫ったお菓子を安く売っていたみたいに、ホテルとかレストランで消費できない「高級品」がどこかに流れないんだろうかと思っていたら、ちょうど、そんな報道があった。どこそこで、イセエビが半額とか。明日暇なら、どこかへ行ってみるか、といっても、行き先の目星もないんだけど。
  1. 2020/03/28(土) 21:18:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

砂と火山灰

「炎上」するかなあ、と言うほど、誰も読んでないと思うけど。

数少ない、コロナが発生していない県。
鹿児島、鳥取、島根、あと2,3あったんだっけ。

鹿児島の人は桜島の灰に慣れているので肺炎を起こさないんだって。鳥取は砂に慣れていて、以下同文。
島根県は神様が守ってくれている。

と思っていたら、鹿児島で一人発生。でも、欧行からの持ち込み。


和歌山で発生したコロナ。田舎なんで、話はすぐに拡散。誰かなんてすぐに判明するし、どこでもらったとか、家族がどうしたとか、あることない事、うわさが一気に広がったそうな。
早く終息してくれないと。
  1. 2020/03/27(金) 22:34:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

記憶がじわじわと

コウモリ屋さんの知り合いが、某県の(たぶん)レッドデータ関連でコウモリ調査を担当され、その協力を依頼された。その県には(これまた、たぶん)コウモリ屋さんはほとんどいない。私自身、精力的にコウモリを調べ回っていた時にその県の廃坑や廃隧道を調べていたんだけど、けっこう遠いし、大阪の方が忙しくなって行かなくなっていた。共同研究者の方も時間が取れて手伝ってくれるというし、これを機に、もう一度調べておこうかと思った。
昔の「会報」を読み返してみた。

「何チャラコウモリがいた。」
の2,3行しか書いていない。

写真も、入り口の写真とコウモリの写真がいくつか残っているだけ。どういうアプローチしたとか、詳しいことはさっぱりわからない。何のための記録だろう?
一番最初に参考にしたであろうあちこちのHPを引っ張り出し、地図とグーグルで現地を確かめた。なんとなく、記憶が戻ってきた。

なんだか新鮮な感じがして、コウモリ調査を始めた頃のわくわく感がよみがえってきている。
調査日が楽しみ。
  1. 2020/03/26(木) 22:08:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思いつき?

国民一人あたり5万円とか、10万円とか、富裕層には支給しないとか、商品券、現金、牛肉購入券、今日は魚の購入券、ホテル代を出すとか、旅行代金の何割負担とか、誰が言い出しっぺで、どこまで本気なのかもさっぱりわからない。きっちり出典を明記して、責任もって書けよ、ってマスコミに言いたい。
  1. 2020/03/26(木) 14:12:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

季節

少し前の話だけど。
妻がどこかでつくしを大量に取ってきた。
はかま取りが大変。








佃煮に。
  1. 2020/03/25(水) 22:59:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

理解できそうにない

三島由紀夫と何チャラと言う映画が始まった。盾の会や自衛隊での事件は鮮明に覚えている。もちろん、東大云々の中継も。
そういえば、三島由紀夫の作品は一冊も読んだことがない。それでもミーハーで見に行くかと思って、事前にある程度は予習しておくかと三島由紀夫をググってみた。wikipedia に膨大な記載がある。あまりにも多いし、読み切れない。中身もさっぱりわからない。
見に行ってもお金がもったいないだけのような気がしてきた。
もうちょっと考えよう。


と書いてから、一応、参考にならないと言いながらヤフー映画を見てみた。年齢層が若い人でも、それなりに良い点数を付けている。三島文学を知らないでも感ずるところはあるらしい。

さあ、どうしようかなあ。
  1. 2020/03/24(火) 22:41:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック