毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

文献集

青森の向山先生が不慮の事故でお亡くなりになり、遺稿集というか、先生の文献集を発刊したいので購入希望者を募っている、という連絡がコウモリの会から来ていた。何十人か集まらないと発刊の経費が出ないのだとか。私も一部申し込んで、何か月かのちに、費用が集まったので発刊します、との連絡が来た。まあ、よかった。

さあ、私もそうなった時に備えるべ、と思って自分の文献を整理してみるが、せいぜい10~20本くらいかなあ。コピーとホッチキスで、半日でできる仕事みたい。まあ、文献なんて今の時代、検索をかけりゃそれなりに出てくる。この程度なら、わざわざまとめる意味もないかな。

今年のコウモリフェスティバルでは向山先生の標本が、何箱も並んでいた。私自身、生きた状態では見たことがないコウモリばかり。さすがによくお集めになったなあと思いつつ、保管が気になった。うろ覚えだけど、「郷土資料館」みたいなところに収蔵されている?この手の標本なら、本来は自然史博物館じゃないの?日に焼けた感じの標本もいくつかあって心配になった。
ちなみに、私も一時は手元に標本を置いていたけど、今はすべて博物館に入れています。

  1. 2017/09/13(水) 21:59:00|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日食

兄から、アメリカの日食土産をもらった。といっても、普通のチョコレートのパッケージが日食の写真になっているだけだけど。
今年は完全に晴れていたらしい。よかったですねえ。

何年か前、日本と中国あたりであった皆既日食には私も中国まで行ったんだけど、完全に曇っててさっぱりだった。トカラ列島では豪雨だったんじゃないかなあ。あのツアー、地元に負担をかけないとかで、トイレや水まで船で持ち込んで、料金が何十万円だった。とても手が出ない額になってたっけ。「雨で見られなかったんだから金返せ」って裁判を起こした参加者がいた。

私自身は結局は0勝1敗。兄はすでに何回もあちこち行ってて、何勝何敗かはよく知らないけど、「勝率」は結構良かったはず。日食というのは中毒になるらしく、ツアー参加者の最初の挨拶は、何勝何敗です、らしい。

次の日本での日食は2030年に北海道で金環食、2035年に皆既食、だって。
何年後に何があります、って言われると真っ先に考えるのは生きているかどうか、という年令になっている。2035年まで、あと18年・・・・・。生きてるかどうか微妙かも。生きてても、そこまで行けるかどうかですな。
  1. 2017/09/12(火) 21:21:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

映画2本立て

停滞の一日。最近、こんな休みが多いかもしれない。

映画の一本目。
3度めの殺人。
微妙。深いような、浅いような。あと一息、突っ込みが足りないように思う。見る人に考えさせるのかなあ。
繋がらないイベントがいくつかあって解決しない。
69点。

ポイントが貯まったので2本目は無料。
ダンケルク。
私は、コンバット世代。第2次大戦には思い入れというのも変だけど、これら戦争を題材にした映画はよく見ました。
これまた微妙。
制空権が握られている状態での、あの撤退方法はないんじゃないかなあ。空中戦はそれなりに面白かった。
無料だったんで少し甘め。
60点。
  1. 2017/09/11(月) 19:40:16|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

金儲けのお手伝い

JRが昼得回数券、って言うんだったか、をやめる、ってニュースになっていた。知り合いが田舎に住んでいて大阪まで出てくるのにすごく便利、って言ってたっけ。報道では今のやり方を廃止して別のやり方、たぶん、イコカみたいな形式に乗り換えさせようとしているんだと思う。私鉄なんかでも回数券はいろんな種類出ているらしいが、基本的に電車に乗らないのでよくわからない。

主要駅とか阪神間の駅のそばには、回数券のばら売りの自動販売機がたいていある。確かに何十円かは安いんだけど、なんだか、設置者に金儲けさせているだけのような気がしてそこではあんまり買っていない。運賃は鉄道会社に還元して安全管理とかに使ってもらうべきじゃないかなあ、といいつつも、やっぱり10円でも安けりゃそっちに流れる気持ちもわかる。

南海本線のすごい田舎駅にも回数券のばら売りの販売機があって眺めていたら、神戸ナンバーの車が止まっておっさんが出てきて、駅の切符販売機で回数券を何十枚も買っていた。それを近くの販売機に入れてた。

だから何、というものでもないんだけど。
まあ、一番最初にそれを考えた人がえらいのかなあ。



  1. 2017/09/10(日) 22:27:41|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

これ何?

友の会のハイキングの下見(の、下見)です。今日は生駒越え。
距離で7~8kmくらいかなあ。まあ、普通のハイキングでした。ただ、本番は12月で何を見てもらえばいいのかわからない。私に担当させりゃ、昼抜きでひたすら歩いて、3時間くらいで終わってしまうかも。









とある防火池(?)で見ました。一面、この水生植物。
何でしょう?このコースを歩けば、必ず聞かれるだろうなあ。
  1. 2017/09/09(土) 19:51:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一人になった

兄さん、姉さんがいなくなって、さびしくなりました。
諸先輩は先日、某都市公園へ旅立ちました。









  1. 2017/09/08(金) 21:21:31|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

野に置け

鳥は野に置け、って、中西悟堂が言ったような気がしてググってみたら、「やはり野に置け蓮華草」というのが事の始まりなんですね。知らなかった。無学だなあ、恥ずかしい。

先週の土曜日、高代寺というところへ行きました。ここ、大阪で捕獲されたツキノワグマが飼われているところです。
イノシシの捕獲檻にクマが入って、どこも持っていくところがなく、大阪府は何か月か後に安楽死を決めたんだけど、某NPOが資金を出して、高代寺というお寺がスペースを提供して飼育することになりました。

何年か前にも一度見に行ってます。見に行く前に地元のおばちゃんに聞くと、ケージに入っていたら住職さんに言えば裏からドアをたたいてくれる、ほんなら出てくるから、って言う話でした。で、行ってみると実際にクマは外に出ていません。同行者が(勝手に)裏へ回ってゴンゴンすると、おばはんの言うとおり、運動場へ出てきました。

土曜日に行ってみると、クマは寝室には入らず、ケージの格子のすぐ横で常同運動、つまり、無目的に同じ場所を行ったり来たりしています。うーーーーん、かわいそう。

最初の段階ですぐに放せば良かったのに、というのは、言うは易く行うは難し、かもしれないけど、捕獲されるまでは大阪の山を普通に歩いていたわけだし・・・・・・。


ちなみに、ここへ行ったのは博物館友の会のハイキング候補地を探す目的でした。何カ月か先に世話役が回ってくるので、ここへ来ようかと思いました。クマも見られるし歩く距離も長くない、と思ったけど、よく考えると行事本番は12月。となると、たぶん冬眠しています。(飼育下ではほとんどの動物園はクマを冬眠させないけど、ここのクマは、冬眠しないまでもほとんど寝室で過ごしているらしい。)
候補地の探し直しをしないといけなくなりました。

  1. 2017/09/07(木) 21:19:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック