毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

この子らは個室

別棟の子ら。

何十年も病院で過ごしていたけど、最近、屋外ケージへ移動した。

RIMG4523.jpg









食後でそのうがパンパン。少し食べ過ぎ。

RIMG4526.jpg







地味な子です。

RIMG4529.jpg









  1. 2018/06/08(金) 21:24:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

至福の時

この鳥小屋、正式にはこのリハビリケージを作った一週間後に肺炎になっている。常にセキセイインコが入っていて、ぶっちゃけ、突然亡くなった子もいるので、底に積もったうんこや羽なんかが感染源になったんじゃないかと思った。オーム病の原因菌が土壌菌として長期間生き残っているのかどうか、よくわからなかったが。








新たにコザクラインコとセキセイインコを導入した。

RIMG4520.jpg






ついでに、ジュウシマツのペアも。

RIMG4521.jpg







毎朝、水を変えて餌のチェックをしてしばらく佇んでいる。

至福の時。
  1. 2018/06/06(水) 21:16:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

病気

なんだかんだで、2週間になる。
今まで、こりゃ死ぬなあと思ったのは2回。一度は、落花生を食べ過ぎた時。患者さんが小売店をしておられ、もらったのが車に積まれていた。ちょうどその日の晩、オオサンショウウオの調査があって夜中まで川を歩いていた。12時過ぎまで調査して、終わったらコーヒーを沸かして路上で少し雑談するのが常だった。もらいもののピーナッツを調子に乗って一袋近く食べてしまった。

帰って寝ていると、だんだんおなかが痛くなってきた。冷や汗も出てくる。トイレに行くが何も出ない。前からも出ない。
背中を曲げて一晩うなった。本気で救急車を呼びたくなったのはこの時が初めてだった。なんとか、一睡もしないで夜が明けると痛みが少しマシになってきた。

正月明け、妻と映画を見ていた。見終わった後、近くのレストランで食事をしていた。最後の一切れがどうしても食べられなかった。
帰った夜から嘔吐。ぶっちゃけ、吐くなんてこと、それまでの何十年、経験がなかった。トイレを抱えて一晩過ごした。
妻も娘も同じだった。
正月に妻の実家でノロウイルスをもらったらしかった。妻の実家でも何人かが同じ症状だった。
この時も一晩経てば症状はましになり、病院にも行かなかった。



  1. 2018/06/03(日) 20:09:06|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ぎざ10

何年かかったかな。病院で見つけたのをもらっていました。
20枚、600円で出品して最後は810円。送料込みだったので、「もうけ」は400円くらいかなあ。
4年かかったとすれば、一年100円。次貯まるのはいつになるだろう?

i-img120.jpg















  1. 2018/05/22(火) 21:18:54|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あなた、お名前は?

奈良の実家で会いました。
あなた、どなた?

スズメガまではわかるけど、その先が進まない。












  1. 2018/05/20(日) 21:17:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何もかも忘れたなあ

鳥の会で、今年は公園の鳥の繁殖調査なるものをするらしい。5年に一回やっており、今回は3回目だか、4回目だか。

その研修を兼ねた調査で、緑地公園へ行った。ここ、博物館の月例ハイクなんかで何度か来ている、はずなんだけど、よく覚えてない。参加者の話では、鳥の会でも来ているという。その時は私は参加していなかったんだろうと思っていたが、タイミングよくかどうか知らないけど、「珍鳥」が出た時に来ているといい、そういえば、その事だけはかろうじて思い出した。ということは、鳥の会で来た時もあったし、その時は参加していたということか。参加者のお一人は、どこでどんな鳥を見た、って何年も前の事をすらすら思い出しておられた。すごい記憶力。

今日の忘れ物の一番は、デジカメ。いつものカバンに入れたままで、ザックに入れ替えるのを忘れていた。
まあ、鳥の写真を撮るような趣味はないけど、その他の観察記録がいろいろあってブログのネタになったのに。

携帯で撮影すりゃよかったのにね。

ちなみに、今日の観察会はスズメ連れ。「他人の子」だけど、心優しい親スズメがおれば預けようと思っていたが、だれも現れませんでした。仕方なく、鳥を見ながら片一方でヒナに給餌。
  1. 2018/05/19(土) 21:42:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

数冊減量

ヤフオクへ本を出品。数冊売れた。ほんの少し、蔵書が減量。
以前、とある本がお礼代わりに送られてきたんだけど、その「業界」には全く興味がないので「処分」に困っていた。もちろん、廃品回収に出せばおしまいだったんだけど、見た目はすごくよさげな本だし、その「業界」の人にとっては役に立つものかもしれない。たまたま図書館へ本を返すついでがあったので、持って行ってみた。

受付のおっちゃんに、これいらないんだけど引き取ってもらえます?、って言うと、一瞬の間をおいて、ああ、そうですか、一応預かって収蔵するかどうか検討します、で終わった。
いらない本が図書館へ持ち込まれる、ってよくありそうなことだと思うんだけど、なんかそんな感じでもなかったなあ。
ネットで調べても、堺市の図書館は本の寄贈についてのQAは載っていない。積極的には集めていないのかも。

一方、大阪市はいらない本は寄贈してね~、てはっきり書かれている。きっちり、申込用紙もひな形があって、最後にはその本についての感想とか、思い入れも書き込むようになっている。もちろん、すべての本が開架されるわけじゃない、重複本などでは処分します、ってはっきりと書かれている。

大阪市だったかよそだったか忘れたけど、こうやって寄贈されても8割は最終的には処分に回る、と書かれたのも見たことがある。表紙カバーをつけて管理番号をつけて登録して、って、タダでもらってもそれなりの経費も掛かるので、すべてを引き取って収蔵するわけじゃない、図書館は廃品回収所ではない、とも書かれていた。8割処分でも、2割に入りゃしばらくは本としての命は伸びるんだからいいんじゃないですかね。


  1. 2018/05/16(水) 20:55:05|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック