FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ものが壊れる その2

10月19日の、ものが壊れるシリーズの第2弾。

うちの遠心分離器です。
ティッシュが乗っているのがポイントです。これがないと動かないんですねえ。



この矢印の部分
DSC03152.jpg

詳しくは書きにくいけど、ここが折れてしまい、ひっかっかりがうまくいかないで回転のスイッチが入りません。微妙なバランスで、ティッシュの箱を載せると動きます。
遠心分離器というのはモーターが命でしょう。外のケースくらい何とでもなると思ったら交換出来ません、ときたもんだ。こんなしょうもない機械でも医療用となると数万円(だったかな?)します。モーターならあきらめるけど、ただのケースで買い換えろ、というのもねえ。

その隣の、毛細管用の遠心分離器は一時動かなかったけど知らないうちに復活。これはこれで不思議。


私の好きなブログ。どちらかというと虫屋さん。
10月26日の所をご覧下さい。
ニコンのデジカメが壊れる話です。きっちり1年に1回壊れるそうです。デジカメは消耗品、との悟りをひらいておられます。
まあ、コンピューターも完全に消耗品ですもんねえ。デジカメはカメラではなく、壊れるコンピューター、ってところでしょうか?
フィルムカメラの方が、絶対に壊れませんね。


  1. 2006/10/27(金) 21:17:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<ハヤズサってなに? | ホーム | 晩飯が18000円?!>>

コメント

 こんばんは。写真拝見しました。これこそ、パーツ発注出来さえすれば、良い最たる例ですね。この程度じゃ新品交換は勿体無いですしね。
 たぶんですが、爪の部分にスイッチがありそうなので、針金とかを上手く使えば、手で押さえただけでも使えるようになりそうな感じですけどね。
  1. 2006/10/28(土) 23:41:37 |
  2. URL |
  3. namba #D.4tWgC6
  4. [ 編集]

爪の真ん中にあるポッチリがスイッチなんです。上のフタに出っ張りがあってそのポッチリを押します。押した状態でプラスチック部分がふたにひっかかって回り出すけど、折れてるもんだからひっかかりがはずれて止まるんです。プラスチックの疲労?(いわゆる、金属疲労みたいなもの)設計ミス?材料が悪い?
  1. 2006/10/29(日) 08:31:21 |
  2. URL |
  3. 大阪コウモリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/696-2518627a
【楽天市場】本・雑誌・コミック