FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

穴のあいた胴長

かつて(?)オオサンショウウオの調査をしていた。ほぼ月に1回、大阪北部の川に真夜中に入ってオオサンショウウオを探していた。見つかれば体重や体長などを記録し、写真撮影(個体識別のため)して再び放していた。慣れたところは良いけど、初めての調査地では場合によれば腰以上の水深があるところや、濁って底が見えないような所もあり、真夜中ということもあって何度も怖い思いをした。慣れたところでも夏から秋にかけてはブッシュとクモの巣がひどくてたいへんな調査だった。

どういう訳か、調査を主催されていたFさんから突然連絡が来なくなった。HPも閉鎖されてしまった。「訳あって調査を休止します」とのメールがあとから来たけど詳しい事情はわからずじまいだった。いつもお手伝い的な参加で、詳しい調査地や発見された数などは記録していなかった。今から思うと自分なりにデータを残すべきだったか。Fさんの元には膨大なデータがあるはずで、死蔵するにはもったいない、と思っていたら、先日またまた突然、調査再開との連絡が入った。

で、それはそれで(調査の継続性という点からは)良いことだけど、さて困った。胴長に穴が空いている。この胴長、買ってすぐにタヌキにかじられて穴だらけ。なんとか修理しながら使っていたけど老化して再び水漏れがする。調査が無くなったものだから日向にほったらかしにしていると、ほぼ完全に修理ヶ所がダメになっているみたい。今度ばっかりは無理とちゃうかな。

胴長というのは水が入らなければ快適だけど、いったん水が入ると靴の底にたまって抜けないんですねえ。(当たり前!)そうなるといっそ、靴のままの方がずっとマシとも言える。夏ならまだ我慢するけど、いずれ冬が来る。調査地は場合によれば氷点下にもなるところ。
さらにもっと大切なことが心配。体力が持つかなあ。調査はたいてい8時集合で11時から、遅い時は12時過ぎまで川を歩く。それから一服して帰りは高速を使っても1時間以上かかる。
元気な時はコウモリ帰りにオオサンショウウオ、というパターンも多かったけど、今はそんな自信がないなあ。

コウモリもオオサンショウウオも若手に入ってもらって後継者を育てる必要があるんじゃないでしょうかね。


  1. 2006/08/28(月) 21:33:10|
  2. サンショウウオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ベッカムにグレーシー | ホーム | で、結局新車購入>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/631-6294cf59
【楽天市場】本・雑誌・コミック