FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

非常に長くなりそうですが




なんだかわかるでしょうか?
犬の彫刻(というか、たぶんコンクリート製)です。家屋が解体され、これもゴミとして処分されようとしています。


inu1.jpg


inu2.jpg


inu3.jpg


これはわかりますか?堺市の公園にある、南極越冬隊の樺太犬たちです。もちろん慰霊の意味で作られたものです。作者は岩田千虎という人。
(画像は
http://www.d6.dion.ne.jp/~tomplus/antarctica_gallery.htm
から無断でお借りしました。ここには説明もあります。)

ご想像の通り、最初の犬の像もこの方の作品です。


堺市に「岩田千虎」という、有名な彫刻家がおられました。といっても、実際にはよく知らないのですが。
上記の公園の像は昔から知っていました。ググッて頂ければいくつかは引っかかるようです。なんだか、賞ももらっておられるようですね。印象的には動物の彫刻が多いのでしょうか?
で、その息子さんが獣医になり、ここで犬猫病院を開業されていました。その玄関先にこの犬が置かれていたのです。いろいろ事情があり病院を手放され、夜間病院として病院自体は継続利用されていたのですが老朽化で取り壊しになったのです。今日、たまたまここを通りかかってこの犬を見つけました。

写真を撮っていると、解体工事しているおっちゃんに「持って帰ってええで」と言われました。が、コンクリートの固まり。自転車で持って帰るわけにもいかないし、彫刻自体も古めかしくなっています。
事情を説明して、「有名な作家のお宝やで、絶対売れるでえ」、って説明したけどどこまで信用してくれてるか。もうすでにゴミと一緒にトラックの荷台かもしれません。
本当のところ、売れるんでしょうか?確実なら車で引き取りに・・・・。

でも、これを作った「岩田千虎」さんは自分の作品がこんな事になるなんて想像されたでしょうか?息子さん(といっても実際は私よりずっと年上)は大阪のどこかにご在住のはずですが、ご存じなんでしょうか?

ご本人にとっては貴重な作品だったでしょうし、息子さんにとっても病院の看板であり、父の遺品だったはずです。ひょっとするとその道では幻の一品なのかもしれません。それが今現在は邪魔者扱いのゴミになっています。このままなら作品どころか産業廃棄物。
有名な作家の作品だからというのではありませんが、なんだかむなしい感じがします。
どこか引き取り手というものはないんでしょうか?
  1. 2006/06/29(木) 21:56:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<看板 | ホーム | やっぱりプロ>>

コメント

ええ?岩田千虎作ですと!?
その作品がゴミになろうとしているという話はあまりにもショッキング、
なんとかそのコンクリート製イヌ像を「緊急に保護」すべきであると思います、
堺市内ということですから、市の教育委員会か堺市博物館(残念ながら考古系主体の博物館ですので、近代美術史がわかる学芸員さんがいらっしゃるかどうかが
不安ではありますが)などに
とりあえず(早急に)現状を知らせておく、または相談すべきではと考えます、
美術品としての価値はわかりませんが、
「人と動物の関係の表現」と、その歴史資料(史料)として、
また岩田千虎作品そのものの美術的研究資料としても
このイヌ像の保護/保存は極めて重要ではと考えるのですが・・・

とにかく「ガレキや灰」になってしまえばそれで「おしまい」なのは
間違いないですし、
「とりかえしのつかないこと」となってしまうように強く感じます。

天王寺動物園のチンパンジーコンクリート像「リタとロイド」
http://homepage3.nifty.com/shanghai_muzina/bbsgazou/DSC03846.jpg
も、岩田千虎の作品・・・
であることをアピールすれば、そのゴミになろうとしているイヌ像保護/保存に
意義があることが、堺市の行政などにうまく伝わらないものか?と思います。

うーん、堺市の「宝」となりえる作品ではと思うのですけども・・・

なお、
>印象的には動物の彫刻が多いのでしょうか?
とお書きですが、
岩田千虎は当時、日本でもっとも有名な動物彫刻作家です。
また息子さんだけでなく千虎本人も獣医師でもあったとの(未確認ですが)情報もあります。
  1. 2006/06/30(金) 10:01:22 |
  2. URL |
  3. MUZINA #szTeXD76
  4. [ 編集]

やっぱり気になって

MUJINAさんもそうおっしゃるし、やっぱり気になって岩田さん(息子さん)に直接電話してみました。コンクリート製の作品は原型があるんだそうです。
原型があればあの作品がいらないのかどうかは別問題とも思うんですが、ご本人もそのものには特に愛着がない様子。原型があるからいらん、って。

やっぱりなんだかスッキリしない。

お宝なんとか番組を見ていると、専門家は作品そのものの「品」をよくおっしゃいます。コンクリート製といえどもこの犬や子犬からは「オーラ」が出ています。

うーん、うちの病院が大きければどこかに置くんですがねえ。友人の開業祝いように持って帰るか。
  1. 2006/06/30(金) 11:06:44 |
  2. URL |
  3. 大阪コウモリ #-
  4. [ 編集]

んー、所有者ご本人が「いらん」とおっしゃられるのであれば
「そっかー、しかたないなぁ・・・」としか外野は言えないですが、

>やっぱりなんだかスッキリしない。
はいー、ものすごく同感、なにかむずがゆさみたいなものが
残りますねぇ・・・

>コンクリート製といえどもこの犬や子犬からは「オーラ」が出ています。
そう、その「オーラ」の有無、それがたとえ非科学的であっても
「感性」というものを考える時、ものすごく大切なことなんだろうと私は思います。

大阪コウモリさん、とにかくできる範囲で「動いて(そのオーラのようなものに応えて)」みられてはいかがですか?
  1. 2006/06/30(金) 14:24:08 |
  2. URL |
  3. MUZINA #szTeXD76
  4. [ 編集]

樺太犬を調べていたら、ここにたどり着きました。どうして、堺市に樺太犬の銅像があるのが不思議です。その関係わかる人いましたら教えてください。
  1. 2007/10/27(土) 20:33:59 |
  2. URL |
  3. タロ #-
  4. [ 編集]

簡単に言えば上記の通り。
岩田千虎という人は獣医さんで彫刻家。で、南極越冬隊の犬たちの像を作ったと言うことです。堺市出身で、堺市内にいくつか作品が残っているはずです。
息子さんも獣医さんで、(たぶん)堺市在住。前は開業されていましたが、今は動物看護学校の校長さん(最近、やめていなければ)。
  1. 2007/10/27(土) 22:51:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/568-71397977
【楽天市場】本・雑誌・コミック