毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

また一年

月初めに大阪府、和歌山県に送ったコウモリの学術捕獲申請書。和歌山が2週間ほどで、大阪府は3週間で帰ってきた。
なんだかんだで、20年近く許可証をもらっていることになる。

一番最初は、博物館の学芸員の「推薦」をもらっていた。役所側も、「どこの馬の骨」かわからん相手に許可は出せない、専門家の名前が欲しい、って言われ、コウモリの専門家なんて博物館にもいないので、動物研究室の学芸員さんに名前を借りた。自分で推薦書を書いて、学芸員に見てもらってからサインをもらっていた。

数年たったら、今度は、学芸員名じゃインパクトが弱いから館長からの推薦が欲しい、って言われた。同じようにまた自分で作文してサインをもらった。それを2年くらいしていたけど、もうぼちぼち名前も売れてきたし推薦書なしで許可を頂戴、っていうと、すんなり許可が出た。

研究の目的なんかは、最初は毎年いろいろ文句を考えて変えていたけど、ここ数年はいつも同じ。時々、調査地を足したり削除したりしているだけ。

まあ、毎年のことながら、許可証が出るとホッとする。これでまた一年、コウモリに遊んでもらおう。コウモリにとっては迷惑な話。

  1. 2018/04/27(金) 21:38:42|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<海外見聞録 | ホーム | やっぱり、覚えてない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック