FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

廃品回収

毎月、第1月曜日は子供会の廃品回収。新聞雑誌に、衣類なんか。各家庭が玄関前まで出しておき、業者が回収する。
私が子供会の役員をしていた時は、日曜日に親子総出で回収して、団地の一角まで運んでいた。業者による個別回収より買い取り単価が高い、とかいうので、自家用車に回収品を満載して、団地まで何往復もしていた。近いところは子供が台車で運んで。
回収日前には何月何日、回収しますというちらしも配っていた。それなりに大変な仕事ではあったけど、子供らとのコミュニケーションにはなっていた。

子供が減ったためか、親が手伝わなくなったためか、いつの間にか回収は個別回収になり、チラシ配りも毎月だったのが一年間まとめて、スケジュールが書かれた紙が年に一回だけ来るようになっている。まあ、そんな時代なんでしょうなあ。

あれ、直接の回収金額もそうだけど、市からの助成金も大きかったように思う。回収重量に対してお金をくれるんだったか。雨の日は重たくなってお金が増える、って言ってたり、言ってなかったり。今でも市からお金が来るのかな。

市からお金というと、休日に子供らを学校に集めて遊ばせると、親に対してお金をくれる、というのがあった。子供会としてじゃなく、親それぞれにくれていたような記憶がある。何か月かに一回、市に報告して、年に2回くらいくれていたのかなあ。報告書なんて、すべて創作。機械的に、参加人数や遊ばせた内容を書くだけ。最初こそ、まじめに工夫して人数や遊ばせる内容を変えていたが、そのうち面倒になって毎回同じ人数を相手に同じ内容の活動をした事にしていた。役所に提出すると、何月何日の分が抜けています、って役所側から教えてくれてた。
お金は各個人の通帳に入るので通帳も子供会で管理していた。年に何回か、銀行に通帳とハンコの束を持って行って、全額おろして子供会の会計に入れていた。今の、個人情報云々の時代からは考えられないですな。
  1. 2018/04/02(月) 21:50:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<狂犬病予防注射 | ホーム | 自営業はつらいですねえ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック