FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

フェリー

福岡だかどこだかに行くフェリーが、丸一日かかって大阪へ逆戻りした、ってニュースが流れていた。大学の時は時々フェリーを利用していたっけ。方向は全然違うけど、フェリーの「響き」が懐かしかった。

大学で利用していたのは「新日本海フェリー」。敦賀から小樽への便。
今はかなり大きな船になっているらしいが、当時は「しょぼい」船だった。利用するのはなぜか冬が多くって、冬の日本海はけっこう揺れていた。風呂に入ると、風呂の水がぽっちゃんぽっちゃん揺れて見ているだけで気持ち悪く、一度しか利用しなかった記憶がある。
船での食事はお金がかかるというので、3食だか4食分、カップラーメンの類を持ち込んでいた。当時はその手のインスタントはあんまりおいしくなくって、それ以来、カップラーメン類は嫌いになったっけ。

当時、そのフェリーを利用しているのはトラックがほとんどだったように思う。「ドライバー室」という特別の部屋があって、テレビもあるし娯楽施設がいくつかあったように思う。知らないでそちらで遊んでいたら、そっちはトラックの運転手だけしか使えない、って怒られたこともある。

海が荒れてるので欠航するが、行くところのない人はフェリー内で宿泊可能、と言われたことがある。別に急がないし、船で寝ていた。と、真夜中に突然、やっぱり行きます、てな事になった。乗客はほとんどいないのに敦賀へ向けて出港した。

夜に出港して、2晩船で過ごして早朝に港、というパターンが多かったように思う。今はもっと早いのかなあ。単純に時間だけ考えると(36時間、だったように思う)、早朝に出て翌日夕方に到着、というのも可能なはず。今はそんな便もあるのかなあ。

あ、一度だけ、夏に北海道に帰るために敦賀へ向けて走っていたことがある。お盆時期で、琵琶湖近くの国道がすごく混んでいた。札幌ナンバーで北向いて走っているのでフェリーに乗ると思ったのだろう、地元のタクシーのおっちゃんが声をかけてきてくれた。渋滞を抜ける裏道を教えてやるから付いてこい、って。

札幌ナンバーというと、北海道を引き上げてきてしばらくは札幌ナンバーのまま乗っていた。大阪市内で道に迷っていると、おっさんがどこへ行くのか声をかけてきてくれたことがあったっけ。大阪出身、大阪在住とも言えず、なんとか北海道弁で礼を言ったっけ。あ、そうそう、北海道で車を買った時は、エアコンなんかつけなかった。大阪に引き上げて最初の夏、暑くて死にそうだった。

  1. 2018/03/20(火) 21:14:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<待機中 | ホーム | 気が短いのに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック