毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ちっとも進まない

何度も何度も書いている。博物館で、バザー用の書籍を整理している。英語の文献なんか、友の会の会員さんに売れるはずもない。ドイツ語や、どこの国かすらわからないものもある。専門家で文献を調べたい人は、博物館や図書館へ行くだろう。これらは廃棄。

雑誌類。明治から大正、昭和初期のまで出てきた。さすがにこれらはキープ。昭和終期から平成の雑誌類。こんなん、いらないんじゃないの?
ニュートンがいっぱい出てきた。天文学とか物理系の特集号はいらないだろう。自然史系の記事が載っているものは悩む。
「スタップ細胞」を「称賛」して解説している特集号が出てきた。中身は読んでいないけど、ネイチャー掲載時の大さわぎが頭に浮かんでくる。
しばらくすると、疑問を呈する記事が載ってる号が出てきて、次には検証の特集。時系列で並べりゃ、それはそれで面白いかもしれないが、そのあたりの事はすでに本にもなっている。雑誌で置いておく必要があるかなあ、と思いつつ、また書棚に戻す。

なんでこんな本がここに?、って思う文芸書。裏を見ると、ブックオフ100円、の値札。まあ、確かに本をゴミとして出すのは抵抗感はあるけど、ここ、ゴミ捨て場じゃない。ゴミ、じゃなく、「再生材料」として回収してもらおう。


  1. 2017/10/11(水) 21:34:39|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<こっちは反応なし | ホーム | ちくったった>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック