毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

見方が違った

みんぱくの、シーボルト展の招待券が当たった。会期は10月10日までで、行ける時に行っとかないと無駄にしそうで、今日、仕事が終わってすぐに出かけた。見学時間も読めないので、高速を使って駆けつけた。









シーボルトは2度ほど日本に来て、収集品を故郷で展示している。日本博物館を作る夢があったらしい。実際、何度か何か所かで持ち帰ったものを展示しており、この特別展のサブタイトルも、「よみがえれ、シーボルトの日本博物館」となっている。150年前にシーボルトが故郷で展示したものを、日本で「里帰り展示」しようという試みらしい。

シーボルトというと、自然科学的アプローチというか、生物を採集してヨーロッパに持ち帰った、それを使っての新種記載が多くなされた、という面しか考えていなかった。今回の展示では、人文的な面に焦点が当たっているように思う。まあ、考えりゃ、日本を外国に紹介するなら、生活とか文化を紹介するのが普通ですよね。

という事で、「シーボルトが見た150年前の日本」は、結局は昔の日本の紹介と、ある意味同一で、植物学、動物学への貢献という意味での突っ込み方は無く、なんだかそっちを期待していた私にとっては消化不良の特別展、でした。大阪自然史が企画すりゃ別の見方があったのでしょうけど。
  1. 2017/09/24(日) 21:41:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<食べそこなった | ホーム | これでも無理なのに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック