毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

心配・・・・

コウモリを始めた20年ほど前は2人、もしくは3人でよく調査に出かけていた。既知の生息地を回ったり、新しい穴を探したり。ただ、現実的には主体は私一人で、目的地とかは私の興味で選んでいたし、新穴の探索は主に私一人でしていた。
そのうち、みんなの都合が合わなかったり、土日の仕事が増えて平日が休みになると、私一人で調査することが多く、というより、最近はほぼ私一人であちこち調査するようになっていた。

半年ほど前から、知人の紹介で新しい仲間が増えた。本職も生物調査という専門家。強力な助っ人ができた。
何カ所かの私の調査地を紹介し、その方もご自分であちこちの穴を探しては新しい生息地を発見されている。今年、某トンネルに毎週通って調査したのは、その方の熱心さに刺激された面も大きい。一人で調査をしていた頃は、データも不十分な事も多くて、今記録を見直すと、足りないデータとか疑問がいっぱい出てくる。調査の仕方とか基本も改めて教えてもらっている感じ。

私が一人で調査していた所も、手分けして行ってもらうようになった。
自分が紹介した穴を調査してもらうとなると、なんだか心配になってくる。あそこが崩れるんじゃないかとか、あの岩が落ちたら大変だとか。自分一人では、ある程度の覚悟というか、まあ、何があっても自己責任と思いつつ調査しているんだけど、こっちがお願いした、あるいは、紹介したとなると、なんだか心配になってくる。

いつ、どこの穴を調査してきますというメールが来ると、調査結果をもらうまで「生きて帰った」かどうか、心が落ち着かない。
  1. 2017/07/23(日) 22:52:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<忘れず止まったけど、写真を忘れた | ホーム | 役に立つ、かなあ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック