毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

専門家とはそうありたい

ドバトからハジラミが取れた。、いろんな鳥のハジラミを調べている研究者が東大にいて、傷病鳥にハジラミがいるとそこへ送ることにしている。今回採れたのはなんちゃらハジラミ、って言って、ドバトからは極めて普通のハジラミらしいけど一応送ってみた。すぐにお礼のメールが来た。この先生、いつもすぐにお礼のメールはくれるし、送った材料で研究されたら文献の最後に謝辞をくださる、さらに、文献のコピーも送って下さる。すべて英語で内容はさっぱりわからないんだけど。
かなり有名でお忙しそうな先生なんだが、そういう姿勢は見習いたいところ。

仕事で他院というか、専門医に紹介することが時々ある。某先生は診療したその日か翌日に必ず所見や治療についての助言、治療方針なんかを送ってくれる。うちで治療できる範囲の事であれば、薬なんかもうちでもらうように患者さんに案内してくれる。

某先生は紹介状を書いても一切返ってこない。返ってこないどころか、どうも、その後の治療もそちらで継続しているらしい。診断さえつけばあとは投薬だけだし、その薬ならうちでも普通に使っている薬だけど。患者さんが、近いから今後はこっちで治療を、といっても、薬の内容は教えてくれない。
なんだかなあ。

ある研究会。月々の会費がもったいないので退会しようとした。退会の方法がわからない。問い合わせ先にメールしてみた。それでも反応がない。どうなっているのかわからぬままその会のHPにアクセスすると拒否された。退会処理されたらしい。普通、受理のメールとか、手続き終了のメールは来るわなあ。

別の研究会。(こっちは何度もブログネタに使っているけど。)あんまりおもしろくないし参考にならないのでやめようかと思って会費の納入をやめた。が、それからも会報が延々と送られてくる。もう、10年以上。規約に、会費の納入をもって会員資格ができる、って書かれているんだけど。






  1. 2017/07/28(金) 21:46:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<長い一日 | ホーム | 眠い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック