毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

若者よ、道は自分で切り開け

どこだったかなあ、大きな道路で信号待ちをしていた。こっちはメインの道路だけど、左右は一方通行の出口だったか、入り口だったか、車が一台やっと通れるくらいの細い道。道幅、せいぜい3mくらい。一応、歩行者信号は付いているけど渡るのに2秒とかからないだろう。自転車に乗った若い兄ちゃんが正直に信号待ちしている。どう判断しても車が通るとは思えない。あのさあ、兄ちゃん、さすがにここは信号を無視して渡ってもいいんじゃないの?何だか見ていてこっちがイライラした。

高校生くらいの自転車3台。ほとんど横一列で走っていたが、交差点に入ったくらいのタイミングで歩行者信号が点滅し出した。3人のうち一台が急ブレーキをかけて止まった。仕方なく、最初の2台は信号を渡ってから止まっていた。あんな状況だと、普通は、普通に、渡ると思うけどなあ。

私は、基本的には歩きだと信号は気にしない派。自転車だと、ちょっと曲がって横道に入って「交差点を外して」道路を渡る。
お薦めはしませんが、赤信号でも青信号でも信号無視の車はあるだろうし、自分の身は自分で守るつもり、というのはタダの言い訳。
  1. 2017/06/07(水) 20:11:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<12万円 | ホーム | 何度目だろう?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック