毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

整理の極意

昨日の事。博物館で、友の会書籍バザー用の棚を整理してきた。バザー用の棚が書庫の一角にあるんだけど、段ボール箱があふれている。ほとんど「ゴミ」に近いような古い本、雑誌、文芸書まで混在している。見るに見かねて、以前、ざっと整理してみた。その時、戦時中の図鑑とか文献がいくつか見つかり、ヤフオクへ出してみたら思いのほかよく売れた。昆虫業界というのは一般の研究者というか、ファンが多いというのを再認識した。今回も、それに味を占めて整理の傍ら、そんな本が見つからないか、期待していたんだけど。

私自身、「床にものを置く」というのには耐えられない性格。前回の整理で床に置かれていた段ボールはなんとか棚に収めたつもりが、今回行ってみるとまたまた床に物が置かれている。今度こそ、棚に収まる量ではない。

先日の友の会評議員会議で、バザー用の書籍があふれていることを報告し、雑誌や学会誌関係は処分してもいいだろうとの合意を得た。スペースを空けるために、どう考えても自然史と関係なさそうなものとか、マニアックな専門誌を棚から出してみた。

これもいらんだろう、これはいらん、なんでこんなものが?、これどこの国の何語の本?、というようなものを棚から出して廊下に積みだすと、さあ、段ボール箱換算で10箱以上になったか。それでも、まだまだ棚に余裕はない。

テレビなんかで、部屋の整理をする番組なんかはよくあり、モノがあふれていた部屋が整理後にすっきりするのはよくあるんだけど、そりゃ、あれだけ物をほかせば片付くだろう、という事でしかない。

博物館は「物を集めて後世に残す」のが仕事ではあるけど、それは「自然界」のものに限ってのこと。図書なんて「完全コピー」に過ぎないので、博物館が収集するものではない、その仕事は図書館なり、大阪市、大阪府の行政の仕事、って、学芸員のSさんもおっしゃっている。
これらの図書の整理のために、博物館の学芸員の貴重な時間と労力、館のスペースを使うのはもったいないんじゃないの?


  1. 2017/05/23(火) 21:07:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<USJ | ホーム | いくらでも使って>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック