毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

近すぎると、普通過ぎていかないもん

知り合いのFBを見ていたら、東京でミュシャ展をやっているのでどうしても見に行きたい、てな事が書かれていた。ミュシャ、って、アルフォンス・ミュシャの事?、と思って調べると、やっぱりその通り。

ミュシャ、って、うちの病院から2,3分のところに「常設」の「美術館」がある。ドイカメラを経営していたドイさんが、持っていた個人コレクションを堺市に寄贈して、その展示施設がうちの近くにある。ほぼ毎日、「ミュシャ館あっち」の矢印看板と、代表的な絵の案内を見ているが、入ったのは関西文化の日に無料入館した一度だけ。東京の美術館の案内を見ていても、「所蔵・堺市」って書かれているから、ここの収蔵品が「出張」しているんだろう。でもって、観覧料1600円、って、すごいなあ。(堺の方は500円だって。)

まあ、「芸術」というのは、よくわからんもんです。

ちなみに、ドイさんはBMWを主にした、クラシックカーコレクションも持っていて、それも堺市に寄贈しました。こっちは世界的に貴重な車がいくつもあるのに、堺市が持て余していてとある倉庫に死蔵されています。申し訳程度に、年に2回、その倉庫を2日くらい公開しているのと、展示用に時々何台かを貸し出しているみたいです。おそらく寄贈を受けた時は動態保存されていたんじゃないかなあ、と思うけど、さあ、今は何台動くのでしょうか?これこそ、展示施設を作れないんだったらさっさと、BMWなり、他の施設に移籍させるべきでしょう。
  1. 2017/03/21(火) 21:00:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<損して得取れ | ホーム | ウサギコウモリ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック