毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

現場の努力は認めるけど

河内長野の、花の文化園という施設。名前の通り、花を主体にした植物園、とでもいうのかなあ。しょっちゅう近くを通るので施設自体は知っていたが、有料だし、入る気にはならなかった。府の行事でここの施設見学会があって、申し込んだら当選したので行ってみた。
微妙、というより、これで540円?と思うと、高いなあ、って思ってしまった。

タダで入っておきながら文句を言っちゃいかんけど、公共施設と思うとどうしても茶々を入れたくなる。費用対効果というか、自立しているのかどうか心配になる。確かに、バックヤードなんかを見せてもらって説明を聞くと、お金がかかりそうなのはわかる。現場の方々の苦労もわかる。でも、植物園というくくりならあちこちにあるし、せっかくこんな「田舎」に位置しているのに、大阪の自然、里山というコンセプトはないような気がする。それを打ち出すには狭すぎるんでしょう。

いろんなイベントの案内もあったけど、それだけを目的に遠方から「お客さん」が来るのかどうかも疑問。

いっそ、こんなに中途半端な施設なんだったら無料開放した方がええんちゃうの?あるいは、植物園スタイルじゃなく、公園として公開するとか。

私の価値観じゃ、せいぜい200円までかなあ。といいつつ、100円でももう入らないだろうなあ、とは思うんだけど。
  1. 2017/03/18(土) 21:30:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<見に行きたいけど恐ろしい | ホーム | 何だかわからんが>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック