毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

悪口は調べてから書きましょう

11日に、大阪府立弥生文化博物館というところへ行った。その名の通り、弥生時代に焦点を当てた展示施設、らしい。ここ、自宅から数kmのところにあった。すぐそばに弥生時代の大きな史跡があって、その関係でここに作ったのだと思う。史跡の方は住居の再現なんかもあって、道路からよく見えるので知ってはいたが。(知ってたけど、行ったこともなかった。)

例によって、突然、当選通知と入館券が送られてきて、その開催時期(企画展の入館券だった)も迫っていたのであわてて行った次第。(いつもながら、いつ応募したのかも覚えていない。)
すごくきれいな建物で、中もピカピカ、展示はタッチパネルを多用していてよくわかる。こんな近くにこんな施設があったとは。

府立の博物館だったら、「関西文化の日」に無料開放しているんじゃないかなあ、いつもどこに行こうか悩むくらい調べつくしているつもりなのに、こんなに近いところで無料開放しているんだったら今までに気が付いているはず、とも思ったんだけど記憶にない。
帰りに受け付けでお兄ちゃんに聞くと、その年によって対応が違う、今年はもう終わりました、って言われた。関西文化の日って、秋にあるので今年は終わってる、っておかしい話、この兄ちゃん、関西文化の日を知らないんじゃないか、って思って、HPにもそう書いてしまった。
調べてみると、(少なくとも)昨年は参加施設でした。兄ちゃんの言う今年は、今年度の事だったのかなあ?

今年の秋にまた行ってみようかなあ。

文化を守るんだったら、入館料を払って何度も見に行きなさい。

ごもっともです。この文句、年に10回以上、このブログに書いてますなあ。
  1. 2017/03/12(日) 07:00:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<訃報 | ホーム | 楽しくなくなってきたなあ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック