毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

一緒になれない・・・・・・?

作務衣を着た兄ちゃんが来られた。出された名刺を見ると隣の県のお坊さん。近くのおばあさんの消息を知りたいんだという。
聞くと、その寺におじいさんの墓があって毎月お参りに来られたていたのだが、昨秋からぴったり来なくなって心配していたんだという。

そのばあちゃん、近所付き合いが全くなく、私の方は近所だから最初のころは挨拶もしていたんだけど、さっぱり返事も反応もないのでいつの間にか、挨拶もしなくなっていた。じっちゃんはかなり前に亡くなっていたらしいが(私が開業した30年ほど前には存命だったけど、何年か前から姿を見なくなっていた)私自身は、その時期も経緯も知らない。
たまたまその家の前でうろついていたおっさんにばあちゃんの消息を聞くと、昨秋に施設で亡くなった、遠い親戚が某県にいるらしい、と言ってたけど詳しくはわからない。

でも、「菩提寺」が、ばあちゃんが亡くなったことをご存じないという事は、ばあちゃんはそっちの墓には入ってないんだろう。
その墓自体、今後どうなるんでしょうねえ。

他人事だけど、さびしい話です。
  1. 2017/02/10(金) 22:31:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<ほねほねサミット | ホーム | 足は6本に限る>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック