毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

知らなきゃ返事するな

妻ががん検診を受けた。国民健康保険の「おまけ」で自己負担、1000円弱。

部屋の大掃除をしていたら、「がん検診無料券」が出てきた。うろ覚えだが、2年に一回くらい、「無料券」が来るという。今年それが来ていたのに気が付かなくって、自費で受けたみたい。
無料券の説明を読むと、その券が来るまでに自己負担で検診を受けたら自己負担分を返してくれるようなことが書いてある。金額的には1000円くらいの事なんだけど、ダメもとで役所へ電話したらしい。

担当(と思われる)の兄ちゃんが電話に出るが、もう役所じゃどうにもならんから受診した病院に聞け、と言ったらしい。で、今度は病院へ電話するが、病院側ではどうにもできない、ちょっと待って、と言われたらしい。で、今度は病院が役所へ聞いてくれたらしい。と、今度は役所(の、さっきとは別のおっさん)から電話がかかって来て、返金するから書類を送ります、だって。

要するに、最初にそのおっさんと話しをすりゃ病院へ電話することも無かったし、病院にも迷惑をかけることが無かったのに、最初の兄ちゃんが余計な事を言うから話がおかしくなったんじゃないの?わからなけりゃ、はっきりそう言うてや。


開業してすぐの頃。うちの電話番号がどこかの郵便局の電話番号と似ていたらしい。「郵便局ですか?」っていう電話がしょっちゅうかかって来ていた。当時はスタッフも少なく、病院に私一人の時もあった。いつもは、ちゃいまっせ、でおしまいだったんだけど、忙しい時に間違い電話が続いていたもんだから、いらいらして「はい、そうです」って言ってしまった。と、おばちゃんが、なんかしゃべりだしたんで、「今、担当がおらんから明日また電話して」って言った。それでもなんかしゃべろうとするので電話を切りかけると、電話の向こうの方で、おばはんが隣にいるおっさんに話しかけているのが聞こえた。「明日また電話して、って言うてはるわ、なんでやろうね」って。
ごめんなさい、その時のおばちゃん。
次の日は電話がかかってこなかったので、まあ、解決はしたんでしょう。
  1. 2016/12/16(金) 20:45:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<靴の底 | ホーム | 今はどうなのかは知らないけれど>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック