毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

極度の高齢化、かも

日本甲虫学会だかの総会が博物館であるというので、会員ではないけど講演を聞いてきた。講堂に入って驚いた。ものすごく高齢の方が多い感じ。
学会の初期の話を写真を交えてされていたけど、その当時は若手ばかり。それが数十年前の話で、その当時の「若手」がそのまま年を重ねて今に至っているらしい。要するに、若手が育っていないんじゃないかなあ。

昆虫の学問の世界と言うのは素人と言うか、趣味の人たちが引っ張っている業界。底辺がすごく広いからこそ発展してきた学問ともいえる。もちろん、専門性を持った学者さんも若手には多くいるが、すそ野の広がりが無けりゃ、次の時代を乗り切れるのかどうか。「昆虫少年」が「絶滅危惧種」に入れられて久しいけど、それが今の状況になっているような気がする。やっぱり、小学校なんかでの理科教育がおかしくなっているんだろうなあ。


  1. 2016/11/26(土) 16:42:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<思わず涙しかけたが | ホーム | ストック3本>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック