毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

110番

自転車で走っていた。後ろの方でガチャン、って音がしたのでUターンすると、原付きバイクがこけていて自転車が止まっていた。どうも事故らしい。自転車は大きな道の歩道を走っていて、脇道から出てきたバイクがぶつかってきて、バイクの方が転倒したらしい。バイクのおっさんの荷物が散乱し、どこか、プラスチックのカバーが飛んでいた。
自転車の方は高校生くらい、バイクは怖そうなおっさん。なんだかもめている雰囲気だったので少し離れたところから110番した。

先に結果を書くと、お巡りさんが来る前に「解決」したらしく、自転車がその場を離れかけた。後ろを追いかけて事情を聴くと、お互い気を付けよう、で終わって特に住所を交換するというようなことも無かったそうな。
バイクの方はエンジンがなかなかかからず、ずっとキックしてた。お巡りさんはまだ来ない。

バイクの方がやっとエンジンがかかって現場を離れたころ、やっとお巡りさんが到着。残ってるのは私だけ。

当事者のいぬまま、「事情聴取」
免許を提示して二人の「特徴」なんかを事細かく聞かれて、最後に、再聴取するかもしれないから、って言われる。
なんか余計なことやったんかなあ?
兄ちゃんが「いじめられる」と思っての親切心だったんだけど。


バイクで走っていた。少し前の細い脇道から車が出てきて、本道へ入る前に一旦停止した。歩道を子供の自転車が走っていた。ちょうどそこはわずかな下り坂になっており、おまけに乗っているのが体格に似合わない大きな自転車(足が届いていない)だったので止まったけど足が届かず、出した足と反対側に自転車がこけた。わずかに車にも当たったらしい。
しばらく眺めていると運転していたおばねえちゃんが降りてきて子供と話をしていたが、けがもないしちょっとこけた程度と判断したのだろう、そこを離れた。
子供はどうするのかなあと思ってしばらく眺めていたら、その車がUターンしてきた。(私もヒマですねえ。)
またおばねえちゃんと子供が話をしていると思っていたら、お巡りさんは来るわ、子供の親と思しきのが来るは、最後は救急車まで来た。

近くまで行っておばねえちゃんとお巡りさんの会話を聞くと、おばねえちゃんは、「子供は悪くない、私が悪いんです」って何度も謝っていた。
私が見ていた限りは、子供の自転車が大きすぎたのとブレーキが遅かったこと、坂道だったことが原因で車は悪くないと思ったんだけどなあ。
お巡りさんに、事故の一部始終を見ていたので「証言」が必要なら連絡して下さい、って電話番号を教えた。

じぇんじぇん連絡はありませんでした。
  1. 2016/10/13(木) 21:28:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<引退 | ホーム | やっと理解できた、かもしれない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック