毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

引退

有名な先生だった。そこの「卒業生」はみんな「成功」を収めて、立派な病院を建てておられる。
急に山に目覚めて近くの山から始まり、日本アルプス、さらにはヨーロッパアルプスに通いだした。何年もかかって病院を後輩に譲り、近くの山に電気、水道も通っていない山小屋を借りた。ヨーロッパからの帰り、飛行機内で脳出血で亡くなった。

ヒナコウモリで有名な先生だった。高校の生物の先生を定年まで勤め、定年後はわざわざ「蝙蝠」という地名の田舎に家を建てて住まわれた。3,4年後、コウモリ調査中の不慮の事故で亡くなられた。

従妹のご主人。父の(というか、伯父の)会社の社長、会長をされていた。従業員数十人の、化学薬品を扱う中堅クラスの会社。病気なんてされたことがなかったのに、最後の健康診断で心臓がひっかかった。それでも元気だったので、仕事を辞めて趣味の古代史散策(とでもいうの?、遺跡回りがご趣味だった)をしようかとおっしゃっていた。一年もたたぬうちに70歳前に亡くなった。

まあ、平均寿命が何年といわれても、個々の人の寿命なんてわからない。

悔いがあろうがなかろうが、死んだらおしまい、だなあ。
  1. 2016/10/14(金) 20:52:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<すみません、お名前をもう一度 | ホーム | 110番>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック