毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

いよいよお別れかなあ

懐中電灯(というか、ペンライト)が壊れたことを前に書いた。コウモリ調査には、懐中電灯は3つ持って行ってる。単1・6本の、昔ながらの大きなライト、ヘッドライト(これは今はLED)、ウエストバッグに予備のペンライトだった。

昔は二つ持って入っていたんだけど、いつだったか、縦穴を乗り越える穴があって、そこを超えてしばらくしたら大きな方のライトが突然切れ、ヘッドライトも急に暗くなったことがある。縦穴は底まで推定3mほどあって、足をかける場所はほとんどない。落ちたら登れないような気がする。ライトがないと足場がわからず、とても帰れない。この時は、さすがに慌てた。大きな懐中電灯をたたくと復活して事なきを得た。それ以来、ライトは3つ、予備の乾電池も持参するようにしている。

で、ペンライトが壊れたのでアマゾンで適当なのを探してみた。LEDライト、って、どれが良いのかよくわからない。ミーハーで、「売れ筋ナンバーワン」と書かれたもので、聞いたことがあるような名前のメーカーのを買ってみた。

すごく明るい。単1・6本の懐中電灯以上の威力があるかも。

タイミング良くか悪くかわからないけど、大きい方の懐中電灯が暗くなっていたので電池を交換しようとした。前のガラス部分を回して外すと、端っこ部分が何か所かポロっと折れてしまった。どうも、プラスチック部分の劣化らしい。

さあ、どうするかなあ。いよいよ、この懐中電灯ともおさらばか。これ、たぶん、ウミガメから始まってオオサンショウウオ、コウモリと私の歴史そのものだったんだけどなあ。
思い出は心の中だけにして、実物とはおさらばするか。

と思っていたら思い出した。知り合いの山屋さんが、ヘルメットが古くなって、それをゴミ箱に突っ込んで新しいヘルメットを持って山に出かけたそうな。そしたらその日、岸壁から落下して骨折したんだとか。あわてて、家に帰ってヘルメットを「救出」したんだって。
といっても、壊れた懐中電灯をいつまでも置いていてもなあ。
とりあえず、欠けた部分をアロンアルファで固めよう。

  1. 2016/09/21(水) 20:56:59|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<高いか安いかどうすべか | ホーム | そんなことしとったら死ねんわ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック