毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

アンタがいらなけりゃ誰もイラン、って

父の遺品から記念切符が見つかった。大阪市電廃止記念とか、地下鉄の全線開通とか。そういえば、当時、父は切符が発行されて買って帰ったらすぐに、A4の紙に4か所切れ込みを入れて切符を入れていたなあ。それをバインダーに入れて整理していた。
未使用なんだけど、切手と違ってこっちは有効期限があってすでに使えない。これまた思い出はあっても、使い道はない。

とりあえず、ヤフオクへ載せてみた。みごと、アクセスすらほとんどない。
ネットで検索して「切符買い取り」というところへメールしてみた。すぐに返事が来た。
いらん、って。
ご丁寧に、いらない理由がいくつも書かれていた。要するに、記念切符、って、買い取り依頼ばかりで誰もいらない、売れないんだって。
こんなん、子供のおもちゃにもならないし、「てっちゃん」を探して引き取ってもらうかなあ。


そういえば、山本五十六の掛け軸も家にあった。早くに亡くなった祖父が存命だった時に、赤十字に多額の寄付をして、もらった、っていうことだった。その旨を書いてある手紙もついているとか。いつも、終戦(敗戦)記念日前後には床の間に飾っていた。
文面は例の有名な、「敵艦見ゆとの~、天気晴朗なれど波高し」っていうやつ。

いつだったか、骨董屋に買い取りできるかどうか、聞いたことがある。残念ながら、これ、落款がついていない。この手の軸は本物かどうかより落款が重要なんだって。これもいらない、って言われてしまった。
  1. 2016/06/14(火) 20:16:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<ところ変われば | ホーム | どんな運転?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック