毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

どこへ行ったのか・・・・・

岸和田自然資料館。剥製で有名な博物館で、これも、市が剥製の個人コレクションの寄贈を受けたのを機に作られたもの。
東洋剥製博物館だったかなあ、日本中に知れ渡ったB級スポットだったのに所有者の方が高齢で館(自宅だったらしい)を閉鎖された。私自身はそっちへ入ったことが無い。すごく残念。
ここの剥製は出来がすごくいい。また、貴重な動物がいくつもあるらしく、よく「地方巡業」している動物もある。

聞いたところでは、博物館を作るにあたって「普通の」剥製は全部もらってきたのだが、「ヘビとマングースの戦い」とか、「タヌキがだんじりを引っ張っている」、「徳利を持ったタヌキ」のようなものはすべて引き取らなかったそうな。それらはいよいよ引き取り手がなく、ご遺族の方がまとまって引き取ってくれるなら無料で全部、てな話があったというのを回りまわって聞いたことがあるんだけど、さあ、それらはどこへ行ったのかなあ。

大きな声では言えないけど、今の自然資料館、1,2階は普通の博物館的な展示しかないが、「鉢巻を巻いたタヌキ」なんかを並べる方がよほどおもしろい。「どこそこの自然」なんて、どこにいってもあるもので正直、あんまり見たいとも思わない。「徳利タヌキ」の方がよほど楽しいし、インパクトがあったのになあ。






  1. 2016/04/23(土) 18:25:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<2代目、3代目 | ホーム | 早く救出を>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック