FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

まゆつば物?

なんじゃ?これ。
病院のシンクの横にありました。これで手を洗う?
小さな穴でもあって、洗剤がしみ出すのかと思ったらそうでもないらしい。どこから見てもただのステンレス。
こんなん、完全にインチキとちゃうの?
そういえば、ステンレスの洗い桶というのもあるが、これと同じ材質で洗い桶を作ったら一生台所用洗剤はいらない?

DSC09577.jpg



  1. 2006/04/05(水) 00:00:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<0758032211 | ホーム | 狂犬病予防注射>>

コメント

あれ?これって・・・

こんにちは
はじめまして。
先日、ホネホネ団謹製
けものの標本作製ガイド
解剖編
~道ばたから収蔵庫まで~を
一部お譲りいただきました豊中のT.N.です。
ホネホネ団通信のバックナンバーも同封してくださり
ありがとうございました。

んで、あー、このステンレスのかたまりは、石鹸や洗剤などの洗浄用品ではなく、
手指などの「臭い取り」じゃないですか?

結構消臭(と言うか臭いの分子の分解)効果はあるようです。

んー、例えば
肛門腺を絞ってやらないといけない患者さんの処置の後などに、
試しにお使いになられたら、その効果をご理解されるのではなかろうかと
思います・・・
  1. 2006/04/05(水) 21:38:20 |
  2. URL |
  3. MUZINA #szTeXD76
  4. [ 編集]

合理的な説明?

そういえば、最近、シンクのゴミため(?、排水するところ)にもアルミ箔を丸めて入れてるようです。よく似た理由なんでしょうか。
これを買ってきたスタッフに使い方を聞かず、勝手に解釈しておりました。ただ、ステンレスがどういう理由で臭いを分解するのかの、科学的な証明を知らないと理科系人間の私は信用できないんですね。これを使う時はおそらく水も使うので、物理的に臭いを流しているだけでステンは関係ないように思うんですけどねえ。
そもそも臭いの分子を分解する、という表現もわかるようでわからない。
そういえば診察台は、一方はステンレスむき出しで、一方はゴムをひいています。犬猫がどっちでオシッコをしても臭さは同じ。
やっぱり信用できないなあ。
  1. 2006/04/05(水) 22:06:24 |
  2. URL |
  3. 大阪コウモリ #-
  4. [ 編集]

ぬはは、確かにこの手の商品の紹介サイトや販売サイトを見ますと、
読めば読むほどトンデモ科学っぽい「あやすぅい」説明やら[ユーザーの声]があったりします、
たしかに物理的に臭いの元となる汚れを落としているだけでは
と私も思うのですが、
某動物園の解剖室のシンクに、石鹸とともにこれが鎮座していたりして
「んー」(ーー;)とうなったことがあったようななかったような・・・

ま、異様なまでに臭いというものに敏感になっている世の中にのみ
受け入れられる商品でしょうね。
  1. 2006/04/05(水) 23:01:56 |
  2. URL |
  3. MUZINA #szTeXD76
  4. [ 編集]

血液型

トンデモ科学の元祖であり最先端は血液型。この話が出たとたん拒否反応が出ます。
先日の博物館講演会で、絵本作家の方が一般の方の個人的な質問に対して血液型を聞いていたんです。自然史(に関する作家)は科学と思っていたのに、これを聞いて一気に冷めてしまいました。まあ、獣医でもそんな話をする輩はいるので、日本人の気質なんでしょうな。という私は*型です。
  1. 2006/04/06(木) 08:45:14 |
  2. URL |
  3. 大阪コウモリ #-
  4. [ 編集]

あぼばじんるいガク

>先日の博物館講演会で、

あらまあ、そんなことがあったのですか。
大阪コウモリさまが冷められたお気持ち、
私はとても理解できます。
私はその講演会の開催された前日だけ博物館に
お邪魔しておりましたので(その結果、大阪コウモリさまの
お目にかかることもできませんでしたが)、講堂で大人気ない
ちゃぶ台返しなどをすることにならなくてラッキーだったかも。


血液型人間ガクとか血液型占いなどと呼ばれる部類のABO式の
血液の型の違いによる体質や性格、“気質”などの分類(非科学的なきめつけ)ですな。

ま、あえて今私がこちらでそのばかばかしさを書く必要はないでしょうから、さらっと
面白そうなページ紹介へリンクで逃げますが、
大阪コウモリさま、↓あたりをお読みになれば、
「冷めてしまったイライラ感」が、少しは解消するかも知れません。
いろいろとその手の人々の『鵺の部分』との付き合い方を提言されているような・・・
http://www5d.biglobe.ne.jp/~DD2/Rumor/blood_type2.htm

ま、博物館という場所での講演でその手の話をされた作家さんは
やはり問題が無いとは言い難いと思います。

という私は●型のカニクイザル+です。
  1. 2006/04/06(木) 12:06:27 |
  2. URL |
  3. MUZINA #szTeXD76
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/477-78c52e59
【楽天市場】本・雑誌・コミック