毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

和歌山県は仕事が早い

4月いっぱいでコウモリの捕獲許可が切れる。申請には余裕を見て、ってどこだかの自治体で言われたことがあるので、4月に入ってすぐに申請書を和歌山と大阪に提出した。
和歌山からは2,3日で受け付けの連絡と許可証が送られてきた。









許可証が送られてきた封筒の裏。

P4070243.jpg








昔は申請書だけ送ると、送料は「行政側」持ちで許可証が送られてきていた。京都府だったかは書留郵便で来ていた。
いつだったか、たぶん「橋下改革」の関係だろう、橋下さんが知事になってから、大阪府からは返信用の切手120円分を同封するようにいわれた。
以来、どこの自治体に申請書を送るときにも返信料は同封することにした。


あ、和歌山県から、昨年から様式が変わったので新しい書式をそちらのアドレス宛に送ります、今年は旧来の様式で受け付けますが来年からはそちらでお願いします、って言われた。アドレスなんて教えていないんだが、動物病院のHPに載っていたアドレスにお送りすればいいですね、って、仕事も早いし懇切丁寧。
  1. 2016/04/07(木) 20:02:19|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<4年先の約束 | ホーム | 廃品回収>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック