毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

廃品回収

地域の子供会から廃品回収の案内が来た。今年度一年分の回収予定と、回収物に貼り付ける紙が一緒になっている。回収そのものは業者が勝手にしている。

私が子供会の役をしていた時は、集めるのは子供と大人一緒になって各家庭を回っていた。もちろんチラシは毎月直前に配布。
車を出せる人は、あちこちを回りながら車に廃品を満載して集積場所までを何回も往復していた。近い場所では子供が台車を使って集めていた。業者に家庭を回らせるより一か所に集めておいた方が買い取り価格が良い、てな話だった。
いつからだったか、回収は業者になり、チラシ配りは毎月から半年ごとになり、今年は一年に一回に。

さあ、子供が減って子供会の組織率も下がって活動が大変になったからか、単なる親の「手抜き」なのか、たぶん前者だろうとは思うけどずいぶん楽になったんだなあと言うのが、昔自分で回収していた私の実感。

ちなみに、資料では月に3~4万円の回収実績。これが高いのか安いのかもよくわからないけど。(昔は同額が行政から助成が出ていたけどどうなっているのかなあ?雨の日に回収すると重くなって買い取り金額も助成額も多くなる、って誰かが言ってたけど、本当かどうかは知りません。)

  1. 2016/04/06(水) 20:44:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<和歌山県は仕事が早い | ホーム | なんでそんなに?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック