毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

気分転換に

年末のネコ騒ぎはいまだに尾を引いてて、(面積というか、体積というか、広がりはかなり狭くなったけど)腫れは残りうっとうしい。
気分転換に散髪でも行ってみるか。選択肢は3か所ほど。
大昔に行ってた雑居ビル、1100円。おっさんがずっとしゃべってる。基本的にああいうところでの雑談は好きじゃなく、相槌を打つのもめんどくさい。店はお世辞にもきれいとは言えない。
980円。こっちは逆に、一言もしゃべらないおっさん。「ありがとうございました」も聞いたことないなあ。それに、むちゃくちゃ切る。冬に行くと寒い。遠いので、行くまでも寒い。
QBハウス。5%だった時は1000円ぽっきりで、8%になったら1080円になった。いつ行っても人が違う。

天気がいいので結局、980円を選択した。2時15分に行ったが、「昼食中、しばらくお待ちください」のメモがイスの上に置いてある。そういえば、前回もこんな感じで10分ほど待ったがおっさんは出てこず、帰りにQBハウスへ行ったっけ。今回は最大2時30分まで、と決めて待っていると、28分におっさんがコーヒーカップを手に、出てきた。それでも一言も発することもなく、片手で椅子に座るように誘導した。
例によってこちら側から切る長さなんかを指示すると黙って仕事が始まる。
終わって目の前の鏡を見ると、センター分けのオールバックの私が・・・・・。
そんなん、一言も言ってないのに。

千円札一枚を出すと、ポケットからあらかじめ出していた20円と交換し、その千円札はやっぱりポケットにねじ込んでました。


近くの公園にいるサルたち。
ここは昔は、いわゆるサル山方式の飼い方で開放的だった。その時はいつ来ても近所の子供やお年寄りがいたんだが、こういう閉鎖式の檻になってからは見に来ている人は皆無。
開放式だった時、みんながエサを投げ入れるもんだからみんな肥満になって、「メタボザル」って報道され、市があわてて建て替えたのです。以前の方がよほどみんなに「愛されていた」のに。
こんなん、ただの飼い殺しやなあ。









P1070116.jpg









こっちは同じ公園にある、岩田さんという彫刻家の作品。
第1次南極越冬隊の犬たちです。

P1070119.jpg
  1. 2016/01/07(木) 20:34:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<まあ、何十年もたっているんだけど | ホーム | 別にめでたくもないけど>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック