毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

海の水が浸みた水

家の近くに、「源泉かけ流し」が売り物の天然温泉というか、銭湯がある。
いつだったか、大阪市立大学の地質の先生の話を聞いたが、大阪でも深く掘れば「地下水」はいくらでも出てくる、って。ほんでもって、今の「温泉法」の基準は温度が高いとか、とにかく何らかの成分が入ってりゃ「天然温泉」って名乗れるらしいので、海水が浸みこんだタダの地下水でも「温泉」になってしまう、って。海際の「天然温泉」って、そんなのが多いらしい。
無秩序にこんな感じで「地下水」を汲み上げてるとなんかよからぬことが起こるような気もするんだけど。

この銭湯、私が知っているだけで今のやぐらは3本目。どんどん深く掘ってるのかな。
深く掘れば掘るほど地温が上がるんだっけ?ほんならそれだけで何の成分も入っていなくっても温泉って名乗れるような気もする。

  1. 2015/10/19(月) 20:36:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<乗って帰るか | ホーム | 広くなったガレージ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック