毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

助成金

妻が折り込み広告で、とある食事会の案内を見つけてきた。下の方に小さく、これは「地域住民生活等緊急支援のための交付金による助成」 で半額が補助されます、てな事が書かれている。食事が6000円で、3000円は府(というか、結局は国の税金)から出るらしい。その紙面の片側全部はバスツアーなんかも載っていて、みんな半額補助。これって、どうなんでしょうねえ。
まあ、安いから参加者が集まる、主催者も儲かるしお金が動く、ひいては消費拡大につながる、という事なんでしょうか?実際、記載の倍の金額じゃ行く気にもならないが、個人の遊びに税金を半分突っ込む、って、何だか理解しずらいなあ。

助成金と言うのはいわゆる生活弱者が受けるべきもので、こんな食事会への参加者とか、バスツアーの客に助成する必要、ってあるのかなあ。もっとも、お金持ちにもっと金を使わせて景気を浮上させるのが目的なのかもしれないけど。


てな事をあらかじめ書いて保存していた。
旅行会社に旅行パンフレットがあったので持って帰ってきた。今度行くであろう、長崎。と、このツアーには「長崎誘客拡大支援事業から5000円の補助が出ています」、だって。国内旅行にも助成金、すなわち、税金?

なんだか、さっぱりわからんなあ。見境ないしに税金をばらまいて、「景気がいい」って言ってるのかなあ。
  1. 2015/10/13(火) 20:46:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<記憶遺産 | ホーム | 図書館戦争>>

コメント

これは客よりも、飲食店やバスツアー会社への助成のような気もします。

ちょうど先週から連休にかけて長崎へ行ってました。日程の半分は離島滞在でしたが、旅行予定が決まった後で、長崎県では今、県内島嶼部で旅行者が使えるプレミアム付商品券があるのを知り、そのおかげで宿泊代は実質2割引になりました。

で、2割節約できたかといえば、宿代が安くなったとおもうと、ついお土産を買ったり、少し高いけれど早い交通機関を使ったり、まあなんとなく当初の予算は使ってしまったかもしれません(笑)。きっと私のような旅行者も多いでしょうから、下手な観光キャンペーンイベントなんかにお金をつかうよりも効果があるのではないでしょうか。

島以外では、初めての長崎バイオパーク訪問。実はこちらが旅行の主目的でした。お仕事柄ご存知かもしれませんが、中南米風植栽の広い敷地に、主に草食系の動物がのんびり暮らしている感じの楽しい動物園です。もしまだ行かれたことがなければ、来月、長崎行きのついでに、いかがですか?
  1. 2015/10/14(水) 02:00:30 |
  2. URL |
  3. のんた #18DCtlvQ
  4. [ 編集]

今回は池島がメイン。飛行機が中途半端で残りの予定は思案中。バイオパークも考えるかなあ。妻はせっかく行くなら、って、「市内観光」も行きたそうだし。
軍艦島と兼ねて次回にするか。
  1. 2015/10/14(水) 08:45:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック