毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ミーハー

又吉さんの芥川賞。遅きに失したが図書館をチェックすると待ち人数950人、だったか。所蔵は20数冊。予約したけど読めるのは1年先か、2年先か。
百田さんの「殉愛」 やしきたかじんさんの、闘病生活の記録。こっちも半年以上、待ってたがやっと順番が来て読了。こっちも帳簿上は各図書館で2,3冊収蔵しているらしく、それらを融通しあってる。税金で本を買っても恩恵が受けられるのは年間何人か。まあ、金額が金額だし、そういうもんなのかな。

本は買いましょう、って使い古したブログネタ。

「殉愛」
さあ、どういう分類になるんでしょう?ノンフィクション?
主眼は献身的な看病なんでしょうけど、それ以外の事ばかり考えさせられました。

闘病の事、まわりの人間関係、血縁・・・・。

  1. 2015/07/19(日) 20:35:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<冷たい | ホーム | 文句が言えない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック