毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

なんか違う

大阪府のMLが来る。いつも見ているのはプレゼントコーナーだけなんだけど、今回のMLにこんなのが載っていた。
大阪府で保護している身元不明者リストだって。
なんと、昭和30年代、40年代の人も。さらに若い人が多いのにも驚く。
個人情報云々で写真とか、もっと詳しい情報はこの手のMLには載せられないらしい。なんだかなあ。事の重大性から考えりゃ、個人情報云々って言う前に、写真一枚載せればええのに、と思ってしまう。

戦争法案云々。国会付近の反対運動とか、野党の(結果的に)無駄な抵抗の様子、街の声、って、反対派ばかりが報道されている。先に、どんな法案なのか、きっちり説明してほしい。情報がないのに判断できん。
憲法違反、憲法違反ばかり言う前に、自衛隊の存在自体が憲法違反じゃないのかあ、とも思ってしまう。自衛隊が訓練しているのは戦争に対するもの、そのものだと思うんだけど。自衛隊員が戦死したらたいへん、って、隊員さんたちは命を懸けて仕事してはると思うんだけど。戦車にしてもミサイルにしても、それが対象としているのは相手の「戦士」そのもので、「戦い」を否定するのは自分自身(の仕事)を否定している事じゃないかとも思う。

中国がどこだかの島を埋め立てて基地化しているのは、軍事力が弱いのを見越しての事。いずれ尖閣列島に来るとも限らないが、後ろ盾としての「米軍」、自衛隊の「軍事力」があるから踏みとどまっている気がする。
話し合いだけで平和が来るんだったら、竹島もとっくに日本に返ってきてるはず。

どうも、日本(人)というのは理想と現実というか、本音と建前が混在しててすっきりしない。



  1. 2015/07/16(木) 20:55:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<結局、 | ホーム | 絶不調>>

コメント

先生が仰る、中国からの侵攻に対する応戦は個人的自衛権なのでは?安倍さんが声高に訴えているのは、他国の戦争の加勢を含んでいます。先日処刑されたジャーナリストの後藤さんが自らの命を犠牲にして訴えていたのが、戦わない事、加勢しない事、でした。女性や子どもの犠牲、本当にこころが痛みます。
  1. 2015/07/17(金) 06:21:36 |
  2. URL |
  3. あんこ #-
  4. [ 編集]

不戦、話し合いで解決すればそれに越したことはない。でも、現実的にそれで解決したことってあるのかなあ。暴力が暴力を呼ぶ、力での押さえつけがさらなるテロを呼ぶのも事実ではあるけど。
フランスだかどこだかは身代金を払って解放され、後藤さんは国が拒否して解放叶わず。
どちらが正解かはよくわかりません。
北朝鮮の拉致も話し合いでは一向に解決せず。北朝鮮が有事になったらアメリカは出ていくのかなあ。アメリカは(国益がなければ)相手にしないかも。その時、自衛隊は自国民の救出に行くのかどうか。
少数意見を聞け、って、多数決が現在の民主主義。一票でも多い方が勝ち。都構想も僅差ではあったけど負けは負け。48%分、市をなくそうという事にはなりませんな。
  1. 2015/07/17(金) 08:16:21 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック