FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

年々、へたくそに

ずいぶん前の話。
シロハラが来た。来た時点で低体温。酸素吸入と加温をするが、まもなく落鳥した。
仮剥製を作るとともに死因を調べる。総排泄腔に「じゃり」が詰まっていた。こんなとこにこんなものが詰まることってあるのかなあ。これが死因のような気もする。そもそも、シロハラ、って、よく死んでいるのが見つかる気もする。「普通じゃない」鳥だからみんな気が付くのか。

「カラスの死体を見ないわけ」って本があったような気がする。あ、違った。本は「死んだ魚を見ないわけ」だった。
矢尾板さんだったかなあ、都会のカラスは死んだら「蒸発する」って言ってたっけ。これも記憶違いかも。宇宙人が持っていくんだったか。まあ、誰も見ていないので完全否定もできないかもしれない。








亡くなった子は解剖して仮剥製にしている。サイズは一番やりやすいような気がするんだけど、いっぱい羽を抜いてしまった。何カ所かに穴も開けてしまったけど、これは羽で隠れるのでごまかせる。
何だか、がっくり。

  1. 2015/03/09(月) 21:41:11|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<4万円・・・・・ | ホーム | 鳥の会総会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック