毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ずいぶん、ご無沙汰

学芸員さんのFBを読むと、最近、ブチハイエナとヒョウを解剖したらしい。(正確には、解剖は動物園でしているので、標本化、としておこう。)出所は書いていないけど、まあ、天王寺動物園だろうなあ。で、天王寺動物園のHPとか、googleで検索するが情報が出てこない。HPではシロクマの話題ばかり。そりゃまあ、めでたい事は分かるんだけど、めでたくない話も情報として流して欲しいもんである。
(ちなみに、生まれたシロクマの所有権はメスの側にあるんですね。だから何、というものでもありませんけど。)

あちこち検索している最中に、コアラも亡くなったという話が出てきてた様に思ったが、もう一度探したけど見つからない。
ついでに見つけたのは、将来的にはコアラの飼育をやめるらしい、との事。年間7~8千万円の食事代に耐えられなくなったらしい。自然減を待っているんだとか。そんなん、さっさとヨソの園へ繁殖用に送り出せばいいのに。オーストラリアも最近はコアラを外へ出さなくなっているので、繁殖用に欲しい園はあるだろうに、死ぬのを待つ、ってなんだかなあ。いろいろ亜種の問題なんかもあって簡単じゃないのかもしれない。

昨年だったか、博物館のハイキングで動物園に行って以来、入園していない。ゾウが死んでどうなったのか、気にはなっているのだが。
そういえば猿山も撤去する、ってニュースを読んだような気がする。飼育していたニホンザルから結核が出て、結果的に全頭安楽死した。猿山というと動物園の顔とも言えるんだけど、肝心のサルがいなけりゃどうしようもない。一時はヤギかなんかを入れていたんだっけ。今はまた、空き家だったはず。

将来検討委員会みたいなもんがあって、現在の飼育種類、頭数をかなり減らす計画があるという。まあ、計画的では無いにしても今の状況では、特に大型動物や「猛獣類」は自然減で消滅しそうな勢いではあるが。

まあ、動物園の使命をもう一度しっかり考えて、という事なんでしょう。とはいえ、「見世物小屋」の「大型動物」を目当てにしてくる人は多いだろうし、あんまり「教育的側面」ばかりを強調すればますます入園者は減るかも。

  1. 2015/02/19(木) 20:08:55|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<とりあえず、もらう | ホーム | お客が3人も>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック