毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

7億円、って

ちょっと前にテレビで天王寺動物園の話が流れてた。正確には動物園の使命、今後、みたいな話だったけど。
収入3億円に対して経費が11億円、ざっと7億円の赤字。毎年、税金を7億円突っ込んでいるらしい。黒字じゃないだろうとは思っていたけど、そんな額だとは思わなかったなあ。

と思ってなんとなくググっていると、府市統合がらみで大阪府が天王寺動物園について、なんだかんだ分析した話が載っていた。けっこう、的を射てる。

「コアラのエサ代」というのがどこかに載っていたのが笑える。毎年、かかりすぎ、って指摘されるんだとか。(動物園に勤めていた知り合いの話で、もう、何十年も前の情報だけど)コアラの集客力なんて一時的。飼育施設に何億円、エサ代に何千万円、って、「オーストラリアのタヌキ」にそんな金かける必要なんてない、コアラなんていらん、って。市長と(当時の)園長のミエみたいなもん、とか話ししてたっけ。(ユーカリ、当時は鹿児島から二日に一回空輸、って言ってた。今でもそうなんかな。)(そういえば、コアラの数、すごく減ってません?減った方がエサ代が助かるかもしれないですな。)

というのは脱線で、動物園というのはいろんな目的があるだろうけど、現実的には見世物小屋から抜け出せていないように思う。確かに、動物の説明とか、生態学的な事、希少性、保護の問題なんかを飼育員それぞれの工夫で記載展示はしているけど、お客さんみんなが読んでいるようには思えない。まあ、現実的には教育施設じゃないんだから、見世物に徹するなら、それはそれで良いのかもしれない。と言いつつも、特に大型動物は入手が困難になってきており、みんな高齢なんで更新できないのが現実だろう。となると「見世物」も減ってしまってさらに入場者が減少するような気もする。そうなってくると(なんか、話が矛盾しているみたいだけど)コアラやパンダに頼ってしまうのかなあ。

確か、動物園に企業家というか、集客の専門家?、いわゆるブレイン?が入ったような話を聞いたけど、どうなっているんだろう?夜間開園とか、新たな工夫、って、まだ聞いたことないなあ。


  1. 2014/12/27(土) 20:30:47|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<中高年 | ホーム | 150円>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック