毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

フューリー

昨晩のことです。映画の日。
ナイトショーで見てきました。フューリー。
戦争映画です。
90点。

私が子供のころは第2次大戦の映画がよくありました。もちろん、当時は映画館へ行くようなお金も機会もなく、テレビでの放送を父が見ているのを横から見ている感じでした。
眼下の敵、トラトラトラ、遠すぎた橋、メンフィルベル、大脱走・・・・、いくらでも映画の場面が出てきます。
もちろん、コンバットも。(コンバットは何度も再放送されてたのでビデオに取り、DVDに入れ替えています。最近、月刊で出ているみたいですね。でも、見直したことはないんですけど。これを機に、もう一度見てみるかなあ。)

この手の映画、常にドイツ軍が悪者でアメリカ軍がええもん。まあ、虚構、映画として楽しんでいるわけで、戦争を肯定しているものではありません。

あ、硫黄島からの手紙もおもしろかったなあ。


高倉健さんが亡くなり、映画がテレビでいくつも放送されています。妻は録画してみているみたいですが、やっぱりテレビじゃさっぱり面白くない。映画は映画館ですねえ。


一日だけど消費税のからみで1100円だと思っていたら、12月1日だけは映画の日で特別に1000円なんですね。
1日の1100円、ナイトショーの1300円、夫婦で2200円、火曜日のおっさんデイの1100円・・・、いくらで映画を見るのが考えどころ。
でも、あと数年(以内)で常に1100円の年齢になります。
  1. 2014/12/02(火) 08:06:45|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<愛媛みやげ | ホーム | 無料「修理」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック