毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

死後・・・・

真田山陸軍墓地の見学と説明会に行ってきた。西南戦争へ征伐のために出撃し亡くなった方々がいっぱいおられた。立派な墓石を作るのを命によって謹慎していたため「安い」和泉砂岩という石を使っており、風化が激しくかなり傷んでいる。折損しているもの、表面が剥離しているものも多い。それらをどうするのか、という話があった。
お国のために戦って亡くなった方を祭るのは国や、残された国民の責務だろうとは思う。一方、これらの墓が時代とともに朽ちていくのは仕方ないかとも思う。
朽ちかけた墓石の列に混じって、少し丈夫そうな花崗岩の墓がある。中には昭和、平成の年号が入っているものもあった。遺族が後日、作り替えたものだろう、との事。個別に把握しているわけではないが、時々、花が添えられている墓も散見する、との事。これらも子孫の方が時々、お参りしているらしい。

墓地の真ん中に(お世辞にも立派とは言えない)家が建っている。「墓守」のおばあさんが住んでいたのだという。過去形で書いてしまったがその方はまだご存命で、今はどこかの施設に入っておられる、との話だった。さあ、生活費はどこが負担されていたんだろう?きっちりした管理者がいない状況では今後どうするんだろう?

何度か書いているが、加太にある海軍陸軍の軍事墓地はほとんど管理されている感じがない。これはこれで仕方ないのかなあ、とも思う。


最近、墓を作らない人が増えているのかなあ。どこかの寺に納骨しておしまい、だとか。
私自身も次男なんで、本来は息子が墓を作る形になるんだろうけど、いろいろ考えることが多い。あの穴に散骨して欲しい、ってはっきりと遺言しておこうかなあ。
  1. 2014/11/25(火) 20:47:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<ふりかけ論争、って、 | ホーム | 昔は10円>>

コメント

『あの穴』とはまさか、コウモリとかが住んでいそうな穴ということですか?
  1. 2014/11/26(水) 10:08:57 |
  2. URL |
  3. あざらし #yl2HcnkM
  4. [ 編集]

散骨ならあの穴、蒸発ならあの穴、って決めています。あ、もちろんコウモリ穴です。
  1. 2014/11/26(水) 11:04:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック