毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

まあ、普通

朝から激チャリで歴史博物館へ。(ブログ用の原稿はすでに書いたんだけど、まだアップしていない。ちょっとチンプンカンプンの記事になるかなあ。)
父の遺品から見つけた、戦前の写真の中から大阪城や近辺の写真を持って行った。学芸員に聞くと言ってしばらく待たされたあと、学芸員不在やから後で連絡する、って言われた。せっかく持ってきたし、こっちはもういらんから、そっちもいらんかったらゴミにしてくれたらええ、って言うが、受け取ってくれない。受け取るどころか、人物が写っている写真は基本的にいらない、って。写っている人物はもうみんな故人だし、こんなんに個人情報もくそもない。城の一部や、川の様子なんかの写真は貴重だと思うんだけどなあ。結局、ネガから作った「見本」の写真だけ置いて帰った。もう、欲しいと言っても、いらんて言われたからほかした、って言うかな。
結局、片道1時間半、往復3時間自転車に乗っただけ。運動のつもりだったから、まあええか。

午後からすることもないので映画。
「舞妓はレディ」

まあ、まあ、こんなもん。
ポイントで、タダで見たので文句は少ない。

79点。

大阪弁が出てくる映画やテレビは、かすかなイントネーションの違いなんかでも耳について興ざめなんだけど、今回は京都弁。本場の人にいわせりゃだいぶん違うんだろうが、大阪弁の私が理解している京都弁にはそこそこ近かったので、あまり気にならず。
  1. 2014/09/27(土) 21:39:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<昭和初期だって | ホーム | 久しぶり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック