FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

診療代の未収

以前にも少し書いた診療代の未収金。
スタッフがカルテ棚をひっくり返して10枚ほどのカルテを出してきた。2-3000円から60000円まで。2,3件は3年以上経過している。おそらく診療費の請求時効は2年間。その間、何回か葉書は送っているが普通郵便はいわゆる証拠にはならない。また、借金が残っていると来にくいので、こちらとしても来て欲しくない人の少額の借金ならあえてほったらかしにしていることもある。で、それらは金額も多くなく、そこそこ分厚いカルテだったので(まあ、考え方だけど以前はきっちり払ってくれてたんだから、先にもらってた、としようか)あきらめた。

で、とりあえず残ったカルテに電話してみる。たいてい繋がらない。番号を変えたのか、電話が無くなった?次いで、葉書を送ってみた。住所が変わっていれば帰ってくるだろうと思ったがみんな届いたのか、帰ってきた葉書はなかった。

一人はすぐに電話があった。緊急手術が必要だったが、手術費用が工面できないと言うことで分割で手術を受けた子。最初の1,2ヶ月だけ支払いはあったけど数ヶ月ご無沙汰。ご自身も障害者で車いすに乗っておられるけど、それとこれは別やもんなあ。月に1000円でいいから支払う姿勢だけは欲しいと思う。まあ、実際、すぐに連絡をくれたのでそれだけでも成果。

60000円の大口が反応がない。1,2回2000円ほどの診療があり、それはもらった。その後手術が必要になって、その分が大半未収。抜糸の時に3000円だったかな?支払っただけ。もちろん電話は不通。
仕事がヒマなんでネットでいろいろ調べると、少額裁判はすごく簡単なようである。前から知ってはいたがまじめに考えたことはなかった。
費用は4000円ほどらしい。
それに備えて、まず、今度は内容証明郵便で請求書を送ることになる。これは1000円ほど、かな。それで反応がなければ少額裁判。自分の体験記を書いてくれてるHPがあちこちにあり、たいへん参考になった。読んでいるとなんだか楽しそうで、前向きに「提訴」を考えよう。

内容証明郵便は以前にも送ったことがある。郵便局でいろいろ聞いて書いたが、やっぱり借金の取り立てが一番多いらしい。「こういうのは受け取り拒否も多いんですよねえ。」て、局のおっちゃんがおっしゃってました。

で、少額裁判となると今度は相手が出廷しないケースも多いらしい。その場合はこちらの全面勝訴。だが、判決が出るのとお金をもらえるのとは別問題。裁判にも出てこないんだから払う気は全くないケースが多いらしい。その時はその判決書で差し押さえの手続きをするみたい。(またそれに対して費用がいくらかかかるんですけど。)

以前勤めていた病院の奥さん、未収のカルテを見て、「腹が立つから鍋釜でも持って帰ったろ」、っておっしゃってました。
私も判決書片手に鍋釜を取りに行こう。



猫の避妊手術。手術はたいてい、帰る時に費用を頂きます。まれに、先に支払います、とおっしゃる方がいます。妊娠していると費用が変わるので、「妊娠していませんか?」って聞くと、「大丈夫です」との返事。この子もそれで普通の費用を先に頂きました。
開腹するとこんな子宮。妊娠2週間ぐらいかなあ。厳密に言えば3000円ほど費用が余分にかかります。でもこの程度なら普通の手術とほとんど変わらない。費用も先にもらってしまった。
ノラネコを捕まえては手術してる人で、カルテもけっこう分厚い。
で、今回はそのまま「見て見ぬふり」。
甘いかなあ?いかんなあ?



  1. 2006/01/26(木) 20:32:48|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<山羊さんの手紙 | ホーム | アフェリエイト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/402-623f4231
【楽天市場】本・雑誌・コミック