毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

青天の霹靂

芸能人、しかもいわゆるお笑い系の芸能人が映画監督をする、って、まあ、よくありそうだけど、期待もしていないし見る気も起らなかった。今回も、タイムスリップして自分の親と絡む、って、バックトゥザフューチャーの2番煎じみたいだし、なんやらのパラドックスを無視したストーリーじゃないのかなあ、と思ってあんまり乗り気じゃなかった。
主役が大泉洋だったのでこれで見に行った感もある。

すばらしいです。

90点。

これは絶対、おすすめ。


神去なあなあ日常は、まあ、テレビを待ってもええかなあ、という映画。こっちは絶対、映画館です。

  1. 2014/05/31(土) 21:09:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<ひたすら耐える | ホーム | とりあえず、お名刺を>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック