FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

幻の原稿

博物館で、「大阪の哺乳類」という本を出す、という話を数年前に聞いた。そんなん、誰が買うの?、とも思うのだが某出版社が出すので博物館とか、自然史センターには、売れなくってもリスクがない。たぶん、シリーズものだから買い揃えている人は次も買ってくれる、図書館や博物館で一定の需要はある(ある程度の部数はさばける)、とかいうもくろみもあるのだろうか。

コウモリについての文献を欲しい、って言われた。公表されたデータがあれば学芸員の方で引用して書いてくれる、って。コウモリなんて誰も真面目に調べていないので見つかっているのはほんの数種類。過去に大阪のレッドデータブックを作った時に何種かについて、いくつかの文献調査でのデータがある。私が調査を始めたと言っても、それらのデータに毛が生えたくらい。数編の文献を紹介して未公表データをいくつか渡しておしまい、と思っていた。最初の話では「年末までに」と言われていたが、「年末」が来ても一向に催促もなく、どうなっているんだろう?、と思ったのが数年前の出来事。

しばらくして次に言われたのが、コウモリの部分は私に書いて欲しい、という事。まあ、上記の通り、3,4種類くらいしかないし、図鑑や文献の受け売りくらいしか書けないがそれでも良ければ、と引き受けることにした。でもって、いつまでに書けばいい?、と聞くと、やっぱり「年末」くらいまでに、だって。
本の他の部分との整合性もあるだろうし、そもそも書く長さもさっぱりわからんし、試作品という事で何編かを書いて送った。添削というか、校正というか、RESを待ったが返信がない。さあ、どうなってるんだろう?

それから何年か経って、その間に新しい発見があったり、こっちの「気分」が変わったりして何度か原稿を書きなおした。まあこんなもんかなあ、と思って一段落したと思っていたらパソコンが2台相次いでクラッシュし、たまたまそれらの原稿だけはバックアップを取っていなくって、パソコンと共に昇天した。

さあ、次はいつ、「年末までに」って、頼まれるんだろう。年が明けたので1年間は余裕があるかなあ。



というのを何日か前に書いてストックしていた。(ブログは毎日の出来事をその日に書くこともあるし、一部は書き貯めしたのを小出ししているものもある。)
その後、あちこちのファイルを確認していると原稿が見つかった。が、読むとやっぱりデータも古く、気分も変わってとても使えるものじゃない。全面的に、一から書き換えだなあ。
はー。
標識調査なんかでコウモリに負担をかけているので、しっかり書き直してやらんとあかんなあ。
  1. 2014/01/03(金) 20:20:14|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<「ペットは入れません」 | ホーム | パスポート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック