FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

そんなに疑うんなら、やり方を変えたら?

仕事がらみの話はあんまり書いてこなかったけど。

いつだったか、動物保険、アニコムから問い合わせが来た。申請した保険診療についての問い合わせ、だって。

動物保険というと、ついこないだ、新聞紙上をにぎわせたところ。これもアニコム。その事件は事故があってから保険加入してるんで論外の話。今回問い合わせが来てるのは保険に入ってかなり経ってからの診療だし、何の問題もないはず。診療回数が多いので問い合わせてきたらしい。

昔は年間の診療回数に制限があったけど、回数をなくしたのはアニコムのほう。一年に何回も通院しているのは慢性の病気だからで、別に何かやましい事をしているわけじゃない。患者さんにしても全額を保険でカバーできるわけじゃないからその都度、そこそこの金額を負担している。

「回復の見込みを教えてください」って、心疾患にしてもてんかんにしても治る事なんてない。よくて現状維持、そのための投薬やんか。当然、寿命が来るまで投薬することになるし、病状が進めば薬も増えてくる。それを認めないなら、何のための保険かわからん。

そもそもアニコムの保険の事務手続きは病院でやっていることになるけど、それに対しての報酬は一円も入ってこない。病院の収入は保険でも保険外(というか、保険に加入していない患者さん)でも同じなわけで、冷静になって考えるとなんか、腹も立つ。あんたの商売の手伝いをしてるのに疑ってかかるって、おかしいんじゃないの?

人間の方の健康保険では形だけかもしれないが一応は審査機関がある。牛の共済だって、保険診療をチェックする別の機関があって、実際、私が北海道で働いていた時も年に何回かは、保険適応をはずされていた。犬猫のこの手の保険に審査機関がないのは会社側の手抜きというか、100%獣医師の善意に頼っているから。その一方で時々問い合わせが来るのはなんで?そのたびに診療がストップしてカルテを見直したり、スタッフが返事を書いて返信している。
なんかなあ、すっきりしないなあ。


  1. 2014/02/05(水) 22:04:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<帰ってきたが | ホーム | 今度は迷わず>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック