FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

尾のないネズミ

先日の、サルの麻酔で聞いた話。
ここでは年中サルの有害駆除をしていて、年中捕獲作業をしているらしいです。で、どうやって殺すのか聞くと、銃で撃つか、ちょっと書きづらい方法で殺しているそうな。で、殺した後、尻尾を切って役場へ持って行くと捕獲方法によって1万円か、2万円もらえるそうです。さあ、年間何頭殺しているのか、予算がどれくらいかよくわかりませんが、お小遣いくらいにはなるのでしょうか、というのは考えすぎて、被害から考えるとそんなモンじゃないのでしょうか。

動物を駆除すると行政からお金をもらえるというのは、話では聞いた事がありますが、まだまだ行われてるんですね。
どこだかで、ネズミだったか、なんだったか、尻尾一本何千円、ってやると、捕まえたのはいいけど殺すに忍びず、尾っぽだけちょん切る人が続出して、町の中、尻尾のないその動物であふれた、って、たぶん都市伝説というか、全くのウソでしょうな。


私が子供の頃、ドブネズミが家にいました。親父がねずみ取りを仕掛けて取っていたのを覚えています。
取れたら近くの川へ入れ物ごと沈めて、「溺死」させていました。
30年ほど前はハツカネズミ(かなあ、ひょっとすると、クマネズミ?今なら当然、標本にするんだけど)がよく出ました。こっちは、ネズミホイホイでよく取れました。
今なら、どちらも喜んで標本にするのですが、家を建て替えたからか、環境が変わったためか、さっぱりその手の生き物は見なくなりました。
  1. 2013/04/06(土) 20:29:36|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<初日 | ホーム | 博物館紀要>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック