FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

新穴探索

久しぶりに、穴捜しに行ってきた。発端は、和歌山県のレッドデータブック。彦谷の鍾乳洞にコウモリがいる、って書かれている。
そんなところに鍾乳洞があるんだ、と思ってHPを検索するが、さっぱり出てこない。かろうじて一つ見つかったが、それによると、廃坑があってそれが鍾乳洞につながっているんだとか。なんか、さっぱりわからん。
そのページを印刷し、おそらくその方が歩いたであろうコースを地図に記する。
久しぶりに新穴、しかも、鍾乳洞?
ザイルも用意して、気合いを入れて出かけた。

地図を忘れた。

記憶を頼りに、現地へ行き、それらしき道を歩き出す。だんだん道がなくなる。
まあ、川沿いに歩いているので迷子になる危険性は少なかったが、何となくおかしい。地図がないのが命取りかなあ。
いったん戻って、今度は尾根筋から降りてみようかと考えた。

尾根の上部に小さな集落と、民間の学校がある。誰かいれば、情報が得られるかもしれない。
車を置いて歩き出すと、洗濯物を干しているおばあさん。穴について聞くと、やっぱりご存じだった。単純に道を降りていったら右側にあるって。でも、今は誰も歩いてないし、どうなっているのか知らない、との事。
歩き出すと、今度は虫取りの若者。穴があるらしい事は聞いた事があるけど、行った事はない、って。まあ、そうなると、ほぼ確実に、今でもある事はあるんでしょう。

最初は車も通れる道だったが、だんだん細くなり、結局は沢沿いの細い道になる。不安に思い出した頃、突然、開口部を見つける。
完全にかがんで、やっと入れるような穴。そのままの姿勢で、歩き出す。

10mほど歩くと、上に真っ直ぐ、四角い穴がある。どうも、人為的に掘られた感じがしない。壁面は、鍾乳洞でよく見るような手触りと色。うーーーーーーーーん、鍾乳洞、って、この事?

そうなると、順番がわからない。穴を掘り出したら、この「鍾乳洞」にぶつかったのかなあ。
穴自体は、石灰岩質でもなく、じぇんじぇんそんな感じはないんだが。


それにしても、私、方向音痴で、地図があっても必ず迷うんだけど、穴捜しだけはほとんど成功している。
コウモリが呼んでくれてるのか。
  1. 2012/11/01(木) 21:29:31|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<1日の木曜日だけど | ホーム | 年が明ける>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック