FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

国へ帰りたかった・・・・・

天王寺動物園のオランウータンが亡くなった、との事。どうも、違法飼育個体を引き取ったものらしい。
本来、密輸されてきたんだったら原産国へ返すのが筋だと思うんだが、返した話はほぼ皆無。数年前、原猿のたぐいだったか、かなり複雑なルートでもって返されたというのを聞いたことがある。その費用も、密輸入者に負担させればいいと思うんだが、行政側が負担していたように思う。その後もそんな話はさっぱり聞かないので、まだ返すというルート、考えはないのだろう。

ほとんどの、動物の密輸のニュースは税関で摘発、というもの。で、その動物たちは税関で所有権放棄され、ほとんどは動物園に送られる。動物園のバックヤードには、こんな感じで放棄されたリクガメ類であふれている。すごく迷惑しているという報道もあるが、まあ、40年前の話ではあるけど、この子は違法飼育個体ではあるけど、それが展示に使われ、繁殖もしていた、って、さあ、動物園側とすれば密輸動物、違法飼育動物を引き取ることに本当に迷惑していた(している)のかどうか。

ある傷病鳥を動物園へ搬入したことがある。個人的にいくつかの動物園へ電話して、引取先を探した子。「うちは保護施設ではないし、引き取りはしてないんです。でも、その子なら欲しい」って言われた。持って行くと、「自分勝手なんですけど、都合のいいときだけ引き取ってるんですよねえ」ってその動物園の獣医さんがおっしゃっていた。うちよりは環境がいいし、うまくいけば繁殖にも使ってくれそうで、まあ、その鳥にとってはよかったんじゃないか、と思っている。いつも書いているけど、命には差があるんですねえ。

あ、原産国へ返す話ですが、密輸個体なんで正確な原産地がわからなかったり、返してもその国に(一時)飼育施設がなかったり、日本に来た時点でほとんど死にかけていたり、って、確かに簡単なことではないんですけど。

  1. 2012/09/26(水) 19:33:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<最強のふたり | ホーム | 懐かしい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック