FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

南方熊楠

南方熊楠。ほとんどの人は、名前は知っていると思う。私も名前は知っていた。菌類、粘菌学者と言うことも。アメリカやイギリスに留学していたことも知っていた。Natureに論文が一番多く掲載されている日本人と言うことも知っていた。
きっかけは忘れたが、図書館で本を3冊借りた。

断片的に知っていたことが、つながった。「偉大な人」とは思っていたが、これだけ偉大だとは思わなかった。尋常を通り越している。天才というのは失礼だろうと思った。どれだけ苦労して努力してそこに至ったのか、ほんの少しは理解できたような気がした。

白浜にある記念館は、行ったことがある。表面しか見ていなかった。もう一度、見に行くべきだなあ。


残された膨大な資料。どういう形で整理し、どういう形で後世に残し、活用するのか。熊楠が現在に残した宿題。


大阪で、メタセコイヤというと、三木茂先生の名前が浮かぶ。大阪人で浮かばなかったら、もぐりの大阪人。
博物館に資料が多数、残されている。博物館友の会、前会長の粉川先生が直弟子とかで、資料を整理されていた。粉川先生しか解読できない、という話も聞いたことがある。
しばらくして粉川先生が亡くなり、今度は粉川先生の直弟子の、T学芸員が粉川先生の資料を整理していると聞いたことがある。あ、三木先生の水草は、前学芸員のSさんが整理をやっていたなあ。なんでも、戦前戦後あたりの新聞紙に包まれてる標本もあって、そっちはそっちで貴重だなあ、と思ったことがある。

  1. 2012/07/07(土) 14:22:58|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<忘れるだろうなあ、と思ったものは、必ず忘れる | ホーム | コウモリ漬けの日々>>

コメント

南方熊楠の記念館、行った事がないので、一度訪れてみたいと思っていますが、きっかけがありません。

白浜の記念館と田辺の顕彰館、一つに集約すればまだ行きやすいのに・・
一つにまとめるのが勿体無いのでしょうか?
  1. 2012/07/07(土) 22:09:59 |
  2. URL |
  3. OLDニコン #/.OuxNPQ
  4. [ 編集]

私も、なんで2か所あるのか不思議でした。
で、田辺が生家、じゃなく、住居、白浜はふだん研究していたところ、だったかなあ。本を読んだ時は、あ、なるほど、と思ったけど、理由を忘れてしまいました。
ぜひ、本を読んでから行ってみて下さい。
  1. 2012/07/07(土) 23:32:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック