FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

毎日、ビフテキ

まあ、そんなん比較しても仕方ないんだけど、今、話題になっている生活保護費、って月に12万円くらい?年間、150万円?
天王寺動物園のコアラの食費は、一頭一日4万円、年間1500万円。(現在、6頭いるので年間約1億円。)
だからどうした?、って言われりゃ、どうもしませんが、まあ、そんなもんらしいです。


淡路島のどこかが日本で初めてコアラを導入し、それからブームみたいにあちこちの動物園が輸入しました。天王寺も何億円だかで飼育舎を作りました。オーストラリア政府はいろいろうるさいらしくって、飼育環境やエサのことを、事細かく指示してきたそうです。当時動物園に勤めていた友人の森本君は、「オーストラリアのタヌキ」って言ってました。あんなん、集客力も一時的だし、ほんまはいらんねん、っておっしゃっていました。ただ、導入に際して獣医師が一名増員されたんで、その点は良かった、とかおっしゃっていました。

それからしばらくしてタスマニアデビルも来たのですが、こっちは従来の、屋外の展示スペースにほりこまれ、雑草に埋もれていました。妊娠した状態で来たんだったかなあ。かすかな記憶では流産して、今度は乳腺腫瘍で亡くなったような気がします。稀少さから言うと、こっちの方がよほど珍しいと思うんですけど、だれも注目していなかったような気がします。(ちなみに、今は日本にいないんだっけ。昔、札幌の丸山動物園で飼育され、繁殖もしていたんだけど。)

でも、「タヌキ」に毎日4万円、生活保護に一日4000円、って、ちょっとねえ。


あ、これもざっとネットで調べると、パンダの食費は一日1万円くらい。ただ、リース料がペアで、年間8000万円。これまた、だからどう、というものでもありませんが。

あ、この話題を書いたのは、天王寺動物園で、極地ゾーンを40億円で作る、と言う話を聞いたから。
これまた、なんだかなあ。
そもそも、アイファー(爬虫類館)も、できた時はいろんな生き物がいて楽しかったけど、今じゃ、あちこち、カラ(に近い)。じぇんじぇん楽しくない。

動物園の使命、って、なんなんだか、だんだんわからなくなってきている。









  1. 2012/06/01(金) 19:53:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<人には言うくせに・・・・ | ホーム | ぶつくさ太郎>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【楽天市場】本・雑誌・コミック