FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

ゴミ減量

だいぶん前から、堺市も分別ゴミ収集が始まっている。一般ゴミと、プラスチックゴミ、ペットボトル云々。
昔は、堺市は分別がなかった。外から堺市へ引っ越してきてみんなびっくりすると共に、非常に喜ぶのが「分別なし」だったそうな。そんな便利なゴミ出しはない、って。
あ、これは、堺市が時代に逆行しているんじゃなく、焼却炉の性能が良かったので、なんでもかんでも一緒に燃やせた、という事です。


病院の前には、40何階かの高層住宅が建っている。たぶんそのためだと思うが、病院の前の道路が風の通り道になっている。いわゆる、ビル風がすごい。
で、分別ゴミのうち、プラスチックゴミが、体積の割に軽いので、その風で飛んでしまう。
昼に犬の散歩に行くと、あちこちに買い物袋に入ったプラスチックゴミが転がっている。

分別収集は、こういう意味でもゴミ減量に役立つものらしい。



ゴミ分別が始まった頃、ゴミを「解体」してまで、一生懸命、分別していた。が、病院で契約している事業ゴミには分別がない。何となく不思議だった。
堺市のHPを見ても、分別したゴミが最終的にどこでどういう処理をされているのかが、書かれていない。なんとなくもやもやした感じを持っていたが、ある人は、いやいや、結局は焼却しているんですよ、って言ってた。ただ、分別を進めると、少なくともカンやビンやペットボトルは混じらないし、分別の意識がゴミ減量につながっている、とか。

ゴミ焼却場は、ある程度、良く燃えるものが混じっていないとうまく燃えない。厳密に分別しだした某自治体では、燃えるゴミの混合が極端に減ったために炉が安定せず、本来はリサイクルに回すべき、別に収集したプラスチックゴミを、通常ゴミと一緒に燃やすようになったという。

さあ、結局、ゴミ分別は必要なのかどうか、なんか役に立っているのかどうか、よくわからんようになってきた。
  1. 2012/05/02(水) 21:27:56|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サーカスは、ポップサーカス | ホーム | あほさ加減がイヤになる>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/3106-5344d3b5
【楽天市場】本・雑誌・コミック