FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

結局は、宣伝じゃんか

オーストラリアへの入国時、ビザが必要である。妻が知り合いからビザ取得の事を聞かれ、何の疑問もなく、ガイドブックに載っていた業者を紹介したらしい。本を読むと、850円で取れる、とか何とか書いてある。きっちりとは読んでいないが、普通に読み流していると、その業者へ連絡したくなるような書き方。

でも、850円でビザをもらえるはずはない。要するに、代行業者の手数料。オーストラリア政府に払う費用が入っていない。まあ、普通に考えればそうなると思うが、書き方が悪い。あんた、不親切じゃないの?

直接、オーストラリア大使館へネットでつなげば、20豪ドルで取得出来る。もちろん、日本語入力。こっちの方がずっと早いし、安い。そんなん、業者を紹介する前に、こっちを親切に説明するべきじゃないの?よく読むと、小さく、直接大使館へ頼む方法もあります、てな事は書いてあるが、ずっとあとの方。

この手の代行業者は山ほどあるのに、わざわざ一社だけ大きく紹介しているって、よっぽど、「宣伝費」を払っているんじゃないかなあ。こんなん一つでも見つけたら、本全体の信用が無くなる。



いつだったか、某タブロイド紙から、「うちの読者さんが先生の病院を推薦しています、取材させてくれませんか?」との電話があった。これ、良い話を並べ立てて取材して(というより、取材前から原稿が出来ている)、最後に、取材協力費をいくら下さい、って来るやつ。相手にするだけ、時間の無駄。最初から、お金は払いませんよ、って言うと、ガチャン。

何日かして、出入りの業者が新聞を持って来た。「某先生の病院が新聞に載っていました。すごいですね。」って。ふーーーん、タブロイド判でも、新聞というと読む人はこんな風に信用するのかなあ。
でも、けっこう有名な先生なのに、そんなのにひっかかる、というか、お金を払ってまで載せて欲しいのかなあ。



あ、また思い出した。
テレビで、近所の店が取材されていた。開店して、間がない。知り合いの評判はさんざんだった。高いだけで、おいしくない、って。親会社は、一代で巨大なグループ会社を作った会社。そっちは、いわゆる催眠商法で悪評判もある。
そんなん、調べりゃすぐわかる事だし、それでも何十分の番組を作る、って、よほど金を積んでるんだろうなあ。
  1. 2012/03/07(水) 19:50:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<コウモリ | ホーム | かねもうけ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urano.blog4.fc2.com/tb.php/3043-55ff6307
【楽天市場】本・雑誌・コミック